FC2ブログ

こんなもんでしょう

ネットで見て衝動買い。

内視鏡。

色々と拡大して見てみたいものがあるんですよね。
顕微鏡じゃ持ち歩けないけど、
こいつはスマホにつないでリアルタイムで画像が見えるとのこと。


2018071101.jpg

さすがの中華製。

値段が値段なので使い物にはなりませんでした。
想定内です。

テレキャスをリペア

仲間より
「エレキギター、音鳴んないんだけどダメかね?」

鳴らないってのは少ない経験からですが、多い順に
配線不良、セレクタ故障、ポッド故障、
のいずれかであり、ギブソン系のギター(レスポールやセミアコ)
は木工的に難しいところがありますが
フェンダー系(ストラトやテレキャス)は何とかなるかもしれないのでお預かり。


2018061401.jpg

かなり昔に私の手元も通過していったグレコのテレキャス。
見れば相当雑な扱いを受けたのであろう経年劣化以上の悲しい状態。

配線を全て外し、夜な夜な愛情を込めて補修。


2018061402.jpg

↑配線をメモる・・・我ながら絵心は全くありませんなぁ。
手持ちにテレキャスがあるので、そちらの配線と見比べながら半田付け。


2018061403.jpg

セレクタ交換、パネル内総半田改修にて無事修理完了。


2018061404.jpg

新たに、セレクタのノブ、ボリウムつまみ、トーンつまみ、
そしてピックガードも付けて修理完了です。


2018061405.jpg

ボディの傷も治そうと思いましたが、打痕によるエグれ度合いが凄すぎて
一筋縄ではいきそうにないので、全身ポリッシュで終了。


2018061406.jpg

上が修理したグレコのテレ(恐らくは70~80年代のモノ)。
下が私のフェンダーのテレ(もちろんジャパンですが)。

並べて置いておくのもいいですが
せっかく昨日機材整理をしたばかり。

現オーナーに返却するか、売ってしまうかの2択。

ああ解体

自作のフレットレスギター、
全く触らない(ギター自体触りませんが)ので、整理整頓のため解体。


2018061201.jpg

随分時間をかけて手探りで作りました。
こうして画像でみる限りは立派に見えますね。

ですが、その製作過程が楽しかったわけで
市場でもほとんど見かけない
フレットレスなどどいうものは需要がないわけで・・・



2018061202.jpg

あれだけ時間を費やしたものですが
解体となると惜しみながらやってもたったの1時間。

ボディとネックは廃棄して
あとはしばし部品として保管しておきます。

DIY エフェクトボード

本日は山予定でしたが昨夜急遽中止。

暇な休日、費用をかけずにあるものを利用して軽めのDIYに勤しみます。

当店倉庫をあさり、エフェクトボードを製作します。


2018042201.jpg

合板そのままでも良いのですが、黒の化粧板があったので貼り付けましょう。


2018042202.jpg

重りを置いて3時間位放置し、決めておいた大きさにカットします。


2018042203.jpg

倉庫に転がっていたアルミのエッジモールでエフェクタの置き場を製作します。


2018042204.jpg

アルミは切ったり曲げたりがラクなので、寸法出しなどせずに
エフェクター実機に合わせて作って行きます。


2018042205.jpg

入力側から、コンプ-オーバードライブ-フェイザー-ボリウムペダル、
の順に配置しました。

以前に自作したパワーサプライを接続し、
動作確認オーケーでした。


2018042206.jpg

エフェクタ用のアタッシュ形キャリーケースにも
ぴったり収まるサイズにしました。


2018042207.jpg

持ち運びにも便利です。


全く使う予定もありませんが、
飲みながらのDIYはインドアでの楽しい時間です。

DIY で太くする

技術は一向に上がりませんが、
細々と続けているんです、テニス。

以前にも書きましたが、私、手首に難があるため
上達はせずとも体に優しいギアを求めております。

最近ようやく(明らかに遅すぎますが)、
ラケット以上にストリングによるところが大きな差であることに気付き、
自分の感触に叶ったものを見つけました。

次に試してみたいのがグリップを太くすることです。

太いラケットに買い替えてしまえば良いのでしょうが
そんな些細なことでおよそ2万円を積んで試す余裕など私にはありません。

情報は沢山ありました。

複数本ありますし、傷だらけです。
未練はありません。

さーやってみましょ。


2018033001.jpg

新品購入時に巻かれているグリップテープ(リプレイスメントグリップ)
を剥がして作業をします。
オーバーグリップの二重巻き、三重巻きで
対応している方もいらっしゃるようですが、
握りやすい様に計算された六角形のグリップが丸くなってしまい、
よろしくないそうです。


2018033002.jpg

こういった用途には熱収縮材を用いるとのことで、
ラケット専用のものが市販されていますが何かどっかでみたような・・・


2018033003.jpg

工具とかに用いる熱収縮材が手元にありました。
ラケット用との違いはわかりませんが、用途にス”ポーツ用品にも”とあります。


2018033004.jpg

汚れていますが、元テープはあとで巻きなおすので丁寧に剥がします。
末端はステップルのような釘で固定されています。


2018033005.jpg

グリップエンドも慎重に剥がします。
用意した収縮カバーは見た目にはラケット用として市販されているものより
元の素材に近いという印象です。


2018033006.jpg

グリップの長さに合わせてカバーを切断し、被せます。
理想的にはこの1サイズ下のカバーで良かったかもしれません。

あとはドライヤーを固定し、ラケットを回しながらムラなく、
根気よく熱風を浴びせます。


2018033007.jpg

炙ること約10分。
完璧な仕上がりです。


2018033008.jpg

太くなった分、多少きつくなったグリップエンドを装着します。


2018033009.jpg

そしてリプレイスメントグリップを巻き、
釘で固定します。


2018033010.jpg

あとはいつもの滑り止めのオーバーテープを巻いて完成です。


2018033011.jpg

さぁ、試してみましょう!

<<PREV | | NEXT>>