FC2ブログ

奥武蔵 伊豆ヶ岳~子の権現

2018121600.jpg




今晩は浅草で
今年共に山を歩いた面々が集っての忘年会。

なるべく早めに帰って風呂入って行きたいね、
と本年最後に3名での山行。

私は未だ未踏の奥武蔵を代表する山
伊豆ヶ岳に行ってきました。


2018121601.jpg

かなり久しぶりの西武線で7時過ぎに正丸駅に到着。


2018121602.jpg

紅葉シーズンも終わったため、静かな山歩きが楽しめそうです。


2018121603.jpg

準備を整えて出発。


2018121604.jpg

駅から道標に従い、階段をおります。


2018121605.jpg

暫しの舗装路歩き、右手に安産地蔵様。


2018121606.jpg

馬頭観音堂前より右に入り、登山道。



2018121607.jpg

全行程において、道標が非常に明確に設置されておりました。


2018121608.jpg

ふたご岩、通過。


2018121609.jpg

亀岩なる大きな岩。


2018121610.jpg

紅葉の名残。


2018121611.jpg

アップダウンが続きます。


2018121612.jpg

大倉山なる地点。左へ。


2018121613.jpg

五輪山。


2018121614.jpg

伊豆ヶ岳直下。
要約すると、正面の男坂は崩れるのでなるべく通るな、との注意喚起。
素直に女坂方面へ巻きます。


2018121615.jpg

勉強になります。


2018121616.jpg

少し登ると開放的な山頂に到着。


2018121617.jpg

南面は陽が差して暖かく気持ちが良い。


2018121618.jpg

勉強になります。


2018121619.jpg

ネットで見ると人だらけの山頂画像ばかりでしたが
師走で気温も低いため静かな山頂でした。


2018121620.jpg

標高851m。

歩みを進めます。


2018121621.jpg

古御岳 830m。


2018121622.jpg

腹、減りましたがもう少し行こう、と。


2018121623.jpg

冬枯れの中、アップダウンの繰り返し。


2018121624.jpg

関東ふれあいの道、なんですね。


2018121625.jpg

高畑山に到着。


2018121626.jpg

標高 695m。


2018121627.jpg

何の鉄塔だろう?


2018121628.jpg

とっても不思議な、まるでプリンタで印刷したかのようなやつが沢山。
帰宅して調べると松ボックリの葉(?)らしい。
しかもアカマツらしい。
ということは、もしや松茸が周辺にあったのか?

全てあやふやな想像に基づくことで、真意はナゾですが・・・



2018121629.jpg

中ノ沢頭 622m。


2018121630.jpg

そして天目指峠。
あまめさすとうげ、と読むそうで。


2018121631.jpg

勉強になります。


2018121632.jpg

ベンチを見つけようやくのランチ。

あまりの寒さにササッと食して行動。


2018121633.jpg

勉強になります。


2018121634.jpg

林道をまたいで再び杉林へ。


2018121635.jpg

題して”伊豆ヶ岳を越えるみち”。


2018121636.jpg

子の権現、見えました。


2018121637.jpg

右側の景色が開けてます。


2018121638.jpg

その下に大きな手のオブジェ。


2018121639.jpg

枯葉の下を撮る方を真似て撮影。
たしか、福寿草と教えてもらったような・・・


2018121640.jpg

つかせていただきました。


2018121641.jpg

仁王様。


2018121642.jpg

お守りをいただき、後にします。


2018121643.jpg

県の天然記念物、二本杉。


2018121644.jpg

同行、先導いただいた奥武蔵通隊員絶賛のカレーパンを賞味。
少し待っていただいた揚げたてはとっても旨かったス。


2018121645.jpg

カレーパンのロックガーデンカフェから西吾野駅までは数分。


2018121646.jpg

ゴール。


2018121647.jpg

2018年を締めくくる楽しい山旅でした。


2018121648.jpg




夜の忘年会は周りも含め飲みすぎて
2軒目の記憶は少々でした。


2018121649.jpg

2018121650.jpg

2018121651.jpg

2018121652.jpg
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: