FC2ブログ

DIY で洗面化粧台

自宅の洗面化粧台の水の止まりが悪くなりました。

水栓だけ換えればまだ延命はできそうですが
何せ全てが古い。

やってみたかったんですよね、
洗面化粧台の交換。

先週より、仕事の合間をみつけて細々と取り掛かり
本日、完全復旧なりました。



2018032901.jpg

かなり古い化粧台です。
先代からのもので、バブルの頃に
お任せで据え付けられたものなのでやたらとデカイです。

過剰な設備は要らないので、
スタンダードな75センチ幅のものに交換します。

幅が大きく異なるので、その隙間に収納庫を設けて・・・
構想が頭の中をよぎります。


まずは解体と撤去です。


2018032902.jpg

可能な限り分解しないと重量、サイズとも運搬ができないため
どんどんバラしていきます。
巨大なセンターのミラーを外し、混合水栓を除去しました。


2018032903.jpg

洗面ボールはフレーム材により接着されていたため外すのが面倒でした。
あきらめて、そのまま運ぼうと思いましたが、
ボードごと運ぶとなるとかなりの重量となってしまいますので
コツコツと剥がしました。


2018032904.jpg

撤去完了。
想定内でしたが、新規機種には排水位置が適してません。
給水位置もビミョーな位置にあります。


2018032905.jpg

背面は当然ボードむき出しであったため、クロス貼りも必要です。
下地をフラットにして、見えるであろう部分にクロスを貼ります。
理想はこのコーナー全周を貼れば良いのですが
空き時間の素人作業では体がきついので、
部分のみの貼付け補修とします。


2018032906.jpg

クロスが終わりましたが、
本体の奥行も縮小されるので、床面もやらねばなりません。


2018032907.jpg

コルクの同柄のものはなく、
また同じ厚さのシートも入手できませんでしたので、
多少の段差は目をつぶることとして作業を進めます。


そしていよいよ洗面台の取付に入ります。


2018032908.jpg

止水栓の交換も想定しておりましたが、痛みもなく、
ハンドルを取り外すことで
化粧台背面に開ける穴も小さめで済みそうなので
従来品をそのまま使用することとしました。
排水の位置は床からでているパイプを右にふる必要があります。


2018032909.jpg

採寸し、部材を切断、ジョイントして配管を作ります。


2018032910.jpg

洗面台から出ている配管を適度な長さに切断して接続。
止水栓はもう少し左下で、
出しろが数センチ短いのが理想ですが何とか収まりそうです。


2018032911.jpg

シャワー水栓を組立て、
それぞれの給水管を接続し、水漏れがないかチェックします。
止水栓のハンドル位置も問題なく収まりました。


2018032912.jpg

排水も問題なく、洗面台は完了。


2018032913.jpg

三面鏡部分を取り付けます。
ネジ4本での固定ですが、
ここだけは下穴位置の確認のため
かみさんに支持補助してもらいました。


2018032914.jpg

洗面化粧台の据え付け、完了。


2018032915.jpg

あとは隙間収納の家具の到着を待って、
設置、電気配線をして終了となります。


2018032916.jpg

家具が到着し、組立が完了しました。
バラバラ状態でしたので、1時間を要しました。


2018032917.jpg

高さ、デザイン、色、寸法とも
違和感なく全行程を終えました。



2018032918.jpg


以前に便器を交換した際には
水道屋さんでの部材購入であったため、
十数センチ必要なところ、4mもの長さを購入し、大幅に破棄をし、
勿体ない思いをしましたが、
今回はホームセンターで少ない単位で入手できたので助かりました。

仕事には直結しませんが、色々と勉強になります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: