FC2ブログ

鷹ノ巣山~六ツ石山(ソロ)

2016092500.jpg


貴重な晴れの休日。

本当は丹沢に行きたい。
でも夏日予報。
つまりはまだ襲ってくるかもしれないヒル。

疲れもあるのでソロで渋滞の運転は避けたい。

結局近くてとっても遠い奥多摩の未だ登っていない
鷹ノ巣山に行ってきました。

幾度も行こうと思いましたがコースタイムで8時間弱。
電車とバスを乗り継がねばならないので
一番早くても歩き出しは8時。
つまりは下山が夕方になってしまいます。
どんなに遅くても15時には下山するという
基本スタンスの私にはちょっと厳しい行程です。

あと1時間早く歩き出せれば
問題なかったのに・・・

4時半には家を出、神田を経由し立川までの電車は
朝まで飲んだ若者たちの酒臭漂う酔いどれ車両。
立川で乗り換えると客層は一転、
ハイカーだらけで満員の車両。
山に行かない方にはわかりませんが
勤勉な人たちがわんさかなのには毎度驚嘆します。


2016092501.jpg

奥多摩駅で扉が開くと皆さんダッシュ。
ホントなんですよ。


2016092502.jpg

私の乗車する一番乗場は既に長ーい列。
ありがたや、かろううじて座ることができました。


2016092503.jpg

山ガールを含むほとんどの皆さん、途中で降りて川乗山に向かうようでした。
鷹ノ巣に向かうであろう終点の東日原で下車したのはほんの数名。
しかもおっさんのソロハイカーばかりでした。


2016092504.jpg

軽く挨拶を交わし、いつものコンビニ飯を摂り、
出発したのは私が最後でした。


2016092505.jpg

登山口まではほんの少しです。


2016092506.jpg

稲村岩が見えます。
急さに驚かされますが裏から巻いていけば問題なし、と予習済です。


2016092507.jpg

登山口からは登るのではなくまず下ります。


2016092508.jpg

晴天なり。


2016092509.jpg

道標しっかり。


2016092510.jpg

橋の下に見える川は連日の雨のせいでしょう、
かなりの流れでした。


2016092511.jpg

本日目指す石尾根ってことですね。


2016092512.jpg

見上げる登山道はかなりの急登です。


2016092513.jpg

しばらくは沢沿いの道を進みます。


2016092514.jpg

滝が連なり、素晴らしい峡谷美です。


2016092515.jpg

快適な登山道でした。


2016092516.jpg

気付くといつの間にか名物の急登が始まってました。
今回自分に課したテーマは心拍を上げずにいかに登るかです。


2016092517.jpg

ゆっくり歩みを止めずに
いつもの”はぁはぁ”なきように登ります。


2016092518.jpg

この分岐、
画像には残っていたのですが迷わず石尾根方面に向かってました。
稲村岩はここを左だったんですね。
でも下山時の焦りを振り返ると行かなくて正解でした。


2016092519.jpg

奥多摩三大急登と言われるだけあって
とにかくずーっと急傾斜が続きます。


2016092520.jpg

ヒルメシクイノタワ なる場所まではのろのろでも止まらないよう努めます。
変なタイミングで休んで急傾斜から歩き出すほど辛いことはありません。


2016092521.jpg

今日もそこらじゅうキノコ祭りでした。


2016092522.jpg

ヌカザス尾根のツネ泣きのほうが部分的な傾斜はきつかったですが
これほど長く続くとは恐るべしです。


2016092523.jpg

同じ急でも合戦尾根やバカ尾根のような華やかさはありません。
辛いです。


2016092524.jpg

さすがに凄い勢いで標高が稼げます。
余計な腹の肉が強燃焼している気がします。


2016092525.jpg

そろそろ腹も減ってきて辺りのキノコがやけに旨そうに見えます。


2016092526.jpg

着きました、ヒルメシクイノタワ。
期待していたような休憩場所ではありませんでしたので
体が麻痺しているうちに歩みを進めます。


2016092527.jpg

あと30分で山頂です。


2016092528.jpg

ここからは問題なく歩けました。


2016092529.jpg

登坂中は数人の登山者だけでしたが
明らかに賑やかな声が聞こえてきます。


2016092530.jpg

着きました。


2016092531.jpg

鷹ノ巣山山頂です。


2016092532.jpg

素晴らしい眺望です。


2016092533.jpg

山頂にいた方によると、
東京都の山頂標は皆こんな感じにリニューアルされたそうです。
まるで墓石のようで耐久性はバツグンな感じです。


2016092534.jpg

富士山を正面に至福のおにぎりタイムです。
でも、正直、おにぎり飽きました。

多くの皆さんは奥多摩湖の水根から上がってこられたのだそう。
そしてそちらへ下山するのだそう。
そちらに変更すべきか、ちょっと迷いました。


2016092535.jpg

奥多摩駅まで
ヤマレコで、下り累計が3000m(ほんまかいな?)、
昭文社地図上のコースタイム4:40 となっており不安要素満載ですが
同行者はいないので、早いも遅いもわがままペースで行けるので
予定通り石尾根歩きをすることとします。


2016092536.jpg

尾根歩きに出発します。


2016092537.jpg

快適この上ない登山道です。


2016092538.jpg

こういう所を歩いていると、
もうあの地獄のような尾根歩きは喉元を過ぎてしまいました。


2016092539.jpg

ホント、私は単純な人間です。


2016092540.jpg

二度と来ない、という思いはすっかり遠い過去のものとなり、
こんどはいつ来よう、とポジティブな思いに駆られます。


2016092541.jpg

ここから分岐すれば奥多摩湖へ下れます。


2016092542.jpg

いい感じの散歩道です。


2016092543.jpg

前々にランナーの方が一人、
前に登山者が一人おります。


2016092544.jpg

何のことない青空が素敵です。


2016092545.jpg

急いでいて気付かなかったなぁ。


2016092546.jpg

折角なので六ツ石にも立ち寄ります。


2016092547.jpg

こちらも同じく立派な山頂標でした。
一組と一人が休んでおられました。


2016092548.jpg

六ツ石分岐に戻り、ここからは一気にペースを上げて下ります。
山中で暗くなるのだけは避けたいです。


2016092549.jpg

何やらキレイな花が咲いてました。
六ツ石に立ち寄っている間に先行する二人は消え去りました。

誰もいない山中は怖いです。
磐梯山の際に初めて野生のクマを見てからかなりヘタレな私です。
話し相手もいないので歌でもと口ずさむとなぜか”森の熊さん”。
なんでやねん!


2016092550.jpg

作業用のモノレールと交差。
人工物を見てホッと一息。


2016092551.jpg

自分なりには途中で走ったりして
かなりのペースでの下山です。


2016092552.jpg

途中猿の親子が前を横切ってびびりました。


2016092553.jpg

モノレール終端に出ました。
登山道は左と矢印あります。


2016092554.jpg

そちらへ進むとなな何とロード。
相当長く続きそうなイヤな予感です。


2016092555.jpg

でも明るいうちに山中から出た安心感からか
”もし、親切なクルマが通って駅まで送ってくれたら”
なーんて想像して
”やはりお礼に僅かな現金は失礼だろうか”
”名刺でもいただいて、後日浅草土産でも贈ったほうがよいか”
など思いを馳せつつ歩いておりましたが
横を何のためらいもなく通り過ぎる軽が一台のみ、
余計なとり越し苦労でした。


2016092556.jpg

そしてやがて急坂を踏ん張るのも疲れるので
傾斜に任せて走ったりしていると大コケしました。
へんな捻り方をして、左足がかなりヤバい感じです。


2016092557.jpg

集落に出てからも泥道で一発コケました。
山中は慎重に歩いていたのですがロードに出てから二発目です。


2016092558.jpg

それでも歩みを進めていると駅に着きました。

「家に着いてただいま、というまでが遠足です」
小学校の先生がよく言ってました。
毎度いいますが、奥多摩はとっても遠いです。


2016092559.jpg

早く帰ってビール飲もう!
帰りのJRはぐっすりでした。


2016092560.jpg


2016092500a.jpg


--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2016/9/25)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約7時間2分
登山口:東日原バス停
面子:1名
天気:晴れ
--------------------------------------------------------





□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: