FC2ブログ

塔ノ岳・丹沢山(バカ尾根トレーニング)

2014091400.jpg



ん~、久しぶりの晴れの休日だ。

連休だから高速の渋滞も凄い模様。
ほんとは八ヶ岳とか行きたいけど、
帰りのド渋滞を一人で運転は辛すぎる。

というわけで、ソロで丹沢に行ってきました。

家族寝静まる中、起床し、3:30 首都高入谷を発ちます。

2014091401.jpg

今朝の環状線要所はほぼ1車線。
休前日の深夜に乗らない方はご存知ないでしょうが、
ルーレット族対策のためだと思われます。

つい先日などは、ルーレットカーが
我車の鼻先数十センチをかすめて行き、ヒヤリとしました。
巻き込まれたら大変です。

なので、
あおられはすれど無謀な割り込みはされないための車線規制、
適切と感じます。

2014091402.jpg

さてさて休憩で入った海老名SAは
夜明け前にして結構な入り。
復路の渋滞はひどいことになりそうです。

秦野中井ICでおり、セブンイレブンでコーヒーブレイク.。

2014091403.jpg

4:40 有料駐車場に到着。

2014091404.jpg

身支度を整え、5:00 よりぼちぼち動き出します。

2014091405.jpg

晴天を予感させる夜明け。

2014091406.jpg

うっすら見えるので、ヘッデンは即しまいます。

2014091407.jpg

2014091408.jpg

優しい歩き出しです。

2014091409.jpg

警告看板が増えてます。
駐車場脇の売店にもヒル対策の塩あります、なんてありました。
気にすると怖いので足元は見て見ぬふりで行くと決めます。

2014091410.jpg

朝焼けがとっても気持ち良いです。

2014091411.jpg

見晴茶屋 静かに通過します。
急な登りがはじまります。

2014091412.jpg

相模湾が赤く染まり、江の島もぼんやり見えます。
独り占め、贅沢ですね。

2014091413.jpg

2014091414.jpg

体力自慢でもなく、技術があるわけでもありませんが

2014091415.jpg

苦しくとも歩みだけを止めなければ前進してゆくものです。

2014091416.jpg

なんて思っていると後光がさしこみ、

2014091417.jpg

平らな道が現れたりします。

2014091418.jpg

でもでも
人生と同じく(いや、人生以上に)、ずっと平らなわけありません。

誰もいないので、色々と呟き放題です。

2014091419.jpg

2014091420.jpg

駒止茶屋 通過。

2014091421.jpg

もう少し耐えれば森林帯を抜けられます。

2014091422.jpg

御大出現。
前回は真っ白でした。

2014091423.jpg

2014091424.jpg

堀山の家 通過。

2014091425.jpg

2014091426.jpg

急な階段に続き、嫌なゴロゴロ岩。

2014091427.jpg

2014091428.jpg

2014091429.jpg

今朝は秦野市街地越しに遠方がよく望めました。

2014091430.jpg

まだまだ急坂は続きます。

”オイラの人生もこんな風に急上昇して欲しいもんだ” などと呟き、
”なわけねぇな” と自分つっこみをいれたりして、

2014091432.jpg

時々振り返ると
相模湾、江の島、新宿高層ビル、東京湾 と
見渡せ、元気がでます。

下山する頃にはここだけで
数十人の登山者とすれ違うこととなるでしょう。

2014091433.jpg

画像ではわかりにくいですが、階段の果てでは
ゴールのフラッグのように「氷」のぼりが揺らめいています。

2014091434.jpg

7:30 花立山荘着。

2014091435.jpg

山荘前のベンチをお借りし、休憩。
思えば本日はここで初めてザックを下しての休憩でした。

日陰でザックを下してヒルにでも取り付かれたら、
とびびってのことで、決してストイックな姿勢からではありません。

2014091436.jpg

2014091437.jpg

富士山がビミョーな感じになってきました。

2014091438.jpg

塔ノ岳山頂見えました。

2014091439.jpg

2014091440.jpg

あと少しです。

2014091441.jpg

丹沢オールスターズが見えます。

2014091442.jpg

2014091443.jpg

7:50 山頂に到着です

2014091444.jpg

2014091445.jpg

早起きは三文の徳。
富士山こそ頭だけになりましたが、
空いている塔ノ岳山頂の景色が私は大好きです。

折り返してくる頃には
ここは皆が腰かけ大観覧席状態になっていますからね。

2014091446.jpg

仏像が青空に映えますね。

2014091447.jpg

急登途中で抜き去っていった
青年が気をきかせてシャッターを押してくれました。
きくと”これから蛭ヶ岳まで行く”とのこと。
若さが羨ましいです。

2014091448.jpg

シチズン設置の日時計。
ある意味究極のエコ時計ですね。

2014091449.jpg

かなり早めのおにぎりタイムをとり、
ゆったりまったり。

2014091450.jpg

今日も丹沢山目指してGO。

2014091451.jpg

2014091452.jpg

下って下って登り返しますが、
バカ尾根歩きのあとの体にはとっても優しい尾根道です。

2014091453.jpg

山頂が見えます。

2014091454.jpg

笹の匂いにつつまれて、快適です。

2014091455.jpg

とっても静かで贅沢な時間です。

2014091456.jpg

植生保護の甲斐あってでしょうか、
木道脇はお花畑でした。

2014091457.jpg

2014091458.jpg

2014091459.jpg

9:20 丹沢山 山頂に到着。

2014091461.jpg

地味な山頂です。

2014091462.jpg

時間的にもかなり余裕があるので一瞬
”蛭ヶ岳まで行っちゃう”という思いも過りましたが
15時を過ぎると
東名は未明までというド渋滞予測がでていたので
予定通り折り返すこととしました。

(下山途中、これで良かったと思い知らされます)

2014091463.jpg

と決めれば時間もあるので約15分の微睡。
気持ち良かったぁ。

2014091464.jpg

さ、とっとと下山してソフトクリームでも食べましょう。

2014091465.jpg

前回も下山でかなり足やられました。
今回はバカ尾根下山中についにつってしまいました。

盛夏に屋外作業中、
腕がつった時には水分と塩分の摂取で即改善がされたので
ポカリと塩飴をこまめにとり、
おぼつかない足取りで何とか下山できました。

蛭ヶ岳まで行っていたら、
駐車場までは下山できなかったかもしれません。


2014091466.jpg

12:30 丹沢クリステルさんに「また来ますね」と告げ
どんぐりハウスでソフトクリームを食べ、
農産物などを土産に仕込み、無事下山完了しました。

2014091467.jpg

ビビっていたヒルの姿はありませんでした。

思えば先日の報道で
「丹沢では2月の記録的大雪で鹿が確認されただけで
70頭近く雪崩に巻き込まれたりして死んだ。
実数はその3倍程度の頭数が死んだのではないか。」
とありました。

ヒルを広範囲に運ぶ鹿の激減が功を奏したのかもしれません。


全く渋滞もなく14:10、自宅に到着しました。




2014091468.jpg

未だ肘の肉離れは優れません。
テニスやりたいなぁ~


2014091400a.jpg



--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2014/9/14)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約7時間40分
登山口:大倉バス停前民間駐車場(\800)
面子:ソロ
天気:晴れ 時々 曇り
--------------------------------------------------------




□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: