FC2ブログ

サイコーの大菩薩

2014032300.jpg



今日は疑いようのない晴れ。

ヤマレコの山行記録で見て、
週中から単独でも行こうと思ってたんです。

大菩薩。

で、声かけしたところ、ご近所隊3名での
サイコーの雪山歩きとなりました。

2014032301.jpg

我々日帰りの定時、4時に入谷を出発し、
途中首都高の事故による乗り直しもあり、
6時、冬季登山口となる丸川峠分岐駐車場着。

情報通り、15台程度の駐車スペースは既に9割程度の入り。

2014032302.jpg

準備をし、ゆっくりと歩き出します。

2014032303.jpg

高度を上げてゆくと、木々の間からは
雲ひとつない青空にそびえる南アの峰々。

2014032304.jpg

2時間弱で上日川峠、ロッジ長兵衛前。
夏場はここまで車やバスで入れるんです。

今朝はあの混みが嘘のような静けさ。
何とも穏やかで、清々しい時間が流れています。

2014032305.jpg

残雪たっぷり、陽射したっぷり、踏み後しっかり、
の極上の山歩きです。

2014032306.jpg

約30分で皇太子ご夫妻が登山の際に休憩された
福ちゃん荘に到着。

2014032307.jpg

ここからは急登の唐松尾根を直登。
息はあがりますが、振り返れば大々々パノラマ。

2014032308.jpg

おまけに人っ気はほとんどなし。
急登で早く進めないことがかえって幸せです。

2014032309.jpg

登り終えたところにある雷岩。

しっかり裾に雪がついており
あの大きな岩がちょっとした丘。

2014032310.jpg

陽気は変わらず穏やか~。
ここで湯を沸かして最高に贅沢なランチタイム。

2014032311.jpg

いつまでも見ていたい絶景です。
名残惜しいです。

2014032312.jpg

先行する我隊2名。
ん~、絵になっちゃいますねぇ。

ここからアイゼンを装着し、介山荘経由で下山します。

2014032313.jpg

親不知ノ頭を過ぎると
快楽の富士見稜線歩きも終わり。

山梨側からの富士山はスゥーっと裾が広がっていて
ホントに美しい。

2014032314.jpg

一階部分が雪に埋もれた介山荘。
営業されているようです。頭が下がります。

2014032315.jpg

脇にある休憩小屋は中まで積雪。
想定外の大雪でかなり吹き込んじゃったんですね。


2014032316.jpg

こちらは黒板五郎チックな富士見山荘。
前回訪れた際にも営業されていない様子でした。

ロッジ長兵衛からはアイゼンを外し、
駐車場まで路上歩き。
一部トゥルントゥルンの部分もあり、
また、ルートは予想外に延々と巻きに巻き、
何と7キロ弱。


あんな贅沢な山歩きをしたんですもの、
ほんの小さな代償ですよね。




□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: