fc2ブログ

ゆく年

”アメリカのロシア禁輸で、カニが安い!”
と毎日報道されるアメ横。

近くではありますが、どこが良いとかの情報は地元ではなし。

なので、仕事前の朝8時、
無難であろう吉池へ行って来ました。


2023123001.jpg

かに祭、の幟には沢山の人。
良し悪しはわかりませんが、
ちゃっと掴んで、さっと払って、チャリンコとばして帰ってきました。

本日で当店は仕事修めといたします。

良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト



愛鷹山越前岳

2023121700.jpg




忙しない師走なので今日も軽めに富士見山行。

かなり久しぶりになる越前岳に行って来ました。

前回行ったのは10年以上前のこと。
その時には十里木から山神社まで歩きました。

今回は十里木から越前岳山頂をピストンする
軽くて雄大な富士山をひたすら眺めるルートです。



2023121701.jpg

2023121702.jpg

2023121703.jpg

階段で辿り着ける展望台。
ここまでは駐車場からスニーカーでも来れます。


2023121704.jpg

インスタポイントです。


2023121705.jpg

2023121706.jpg

2023121707.jpg

2023121708.jpg

2023121709.jpg

ここから登山っぽくなります。


2023121710.jpg




山頂に到着。

2023121711.jpg

落ちていた標(呼子岳・鋸岳方面)を持って記念撮影。
もちろん行きませんが。


2023121712.jpg

駿河湾一望。
今日はさっさと下りて、見える沼津へ行き、
海鮮ランチ&土産を予定しております。


2023121713.jpg

軽食したら行きましょう。


2023121714.jpg

往路は富士山を背負って、
復路は富士山に向かって高度を下げていきます。


2023121715.jpg

2023121716.jpg

2023121717.jpg

お疲れ様。

車でしたので、沼津ではノンアル。
幾度も行っている店でしたが、
メニューが大幅に変っており、かなりガックリ。

ちゃっと帰って、面子増強で飲みました。

.
2023121718.jpg

2023121719.jpg

2023121720.jpg

2023121721.jpg

石割山

2023120300.jpg


富士山眺望の山として有名な石割山に行って来ました。


2023120301.jpg

石割神社の駐車場に到着。
トイレありました。


2023120302.jpg

6:30 トータル30台位の駐車場に
まだ余裕がありました。


2023120303.jpg

明るくなってきたのでGO。


2023120304.jpg

鳥居をくぐって出発です。


2023120305.jpg

身体がなれないうちに、この階段、
403段は半端ないです。


2023120307.jpg

開けっ広げですが、避難小屋となってました。


2023120308.jpg

富士が朝日に照らされて、テンションアップ。


2023120309.jpg

2023120310.jpg

よく整備されている登山道です。


2023120311.jpg

石割神社に到着。


2023120312.jpg

岩の割れ目を3回まわると運が開ける、とのことでしたが
ザックを背負ったままでまわれない隙間だったのでスルー。
きちんと周っておくべきでした。


2023120313.jpg

もうすぐ山頂。
これは眺望期待できますね。


2023120314.jpg

神社から20分位でしょうか、山頂着。


2023120315.jpg

登頂に合わせて雲もモクモク。
なんも見えないので復路に期待し、先を急ぎます。


2023120316.jpg

同行者と無駄話ばかりしており、
道を誤り、二十曲峠に向かってしましました。

この時撮った写真にもハッキリ方向が記されているというのに・・・

やけに下るな、と思いました。


2023120317.jpg

大きく間違えたのに気付き、
これは横着して、神社で周るのをしなかったためだということで
二人の意見が一致しました。

神様、すんません。


2023120318.jpg

あっちに見えるのは御正体山ですかね。


2023120319.jpg

二十曲展望テラスに着きました。
ここは車で楽に来れます。


2023120320.jpg

富士山、この位見えてくれました。


2023120321.jpg

石割山山頂に戻らねば帰れません。
かなり下りてきた道を引き返します。


2023120322.jpg

真面目に歩いていると姿を現わしてくれました。


2023120323.jpg

雲海と本体のバランスがグーですね。


2023120324.jpg

月のオマケ付きです。


2023120325.jpg

このルートは誰にも会いませんでした。


2023120326.jpg

で、再度の山頂。


2023120327.jpg

北側は霜が沢山なので、チェーンスパイクを付けました。


2023120328.jpg

山頂から
ここを富士山方面に下るのが目指していた路です。


2023120329.jpg

ぐっと下って少し歩いて平尾山。


2023120330.jpg

今日はここを最終ポイントとしてゆっくり飯にします。


2023120331.jpg

運動量をはるかに凌ぐカロリーですがなにか?


2023120332.jpg

平尾山からの眺望はこの位でした。


2023120333.jpg

復路は石割山方面に数分戻り、
途中の分岐から駐車場方面に下山します。


2023120334.jpg

手軽に登れる山です。
恐らくこの山で道間違えをする人はいないでしょう。

また来る機会があると思いますので
今度はきちんと岩を周って参拝しましょう。


もちろん反省飲み、しました。

2023120335.jpg

2023120336.jpg

2023120337.jpg

2023120338.jpg