FC2ブログ

なんだかね

2020032601.jpg


例年ですと、仕事前の早朝日の出の頃に、2~3日、花見散歩をしますが
今年はクソコロナのせいで、全く気分がのらず、出かけませんでした。

いつまで続くんでしょう。

わいわい、ガヤガヤ、
飲み歩いていたのが遠い昔のようで懐かしいです。
スポンサーサイト



富士山二子山(須山口)

2020032200.jpg





先週に続き、富士山裾野を散策。

いつか行こうと思っていた富士山二子山に行ってきました。


2020032201.jpg

御殿場ICで下りて、水が塚公園駐車場を目指します。


2020032202.jpg

広大な水が塚公園駐車場。
富士登山シーズンにはこの先の富士山スカイラインはマイカー規制で入れず、
ここに車を駐車してバスで五合目富士宮登山口まで行くことになります。
今時期は冬シーズンにあたり、富士山スカイラインは通行できないため、
静岡側から登る方の一合目登山口となります。

宝永の爆裂火口を正面中腹にし、剣が峰を山頂左に見るこの容姿は
磐梯山のような風貌で、
右麓には(もちろんありませんが)伐採開発されたスキー場があるかのような印象を受けます。


2020032203.jpg

ズームアップで剣が峰の気象観測所が良く見えました。
まだまだ凍てついた登山家のための富士山頂ですね。


2020032204.jpg

二子山を目指す須山登山口へは道路をはさんだ反対側から入山します。


2020032205.jpg

五合目二子山はこの地図より右側になります。


2020032206.jpg

しばらくは足慣らしに丁度良い平らなハイキングコースを行きます。


2020032207.jpg

世界遺産である富士山はどこも道標がしっかりしています。


2020032208.jpg

悪天候以外は本来迷うことはないはずでしたが、
いつのまにか登山道を外れてました。

GPS上ではぴったり登山道を歩いておりましたが、縮尺が大きめだったため、
ビミョーに外れつつも、ぴったり平行に沿っていたので問題はありませんでしたが。


2020032209.jpg

登山道に戻り、やがて視界が開けてきます。


2020032210.jpg

六合目宝永山が姿を現します。
直進すれば山頂方面となりますが
我々の目指す二子山はここを右に折れます。


2020032211.jpg

手前に上二ツ塚、奥に下二ツ塚が見えてきます。


2020032212.jpg

誰もいない砂礫の大広場、今日も贅沢な山行です。


2020032213.jpg

どちらにするか迷いましたが、
より高く、富士山が望める上二ツ塚に登りましょう。


2020032214.jpg

富士本体と反対側は春霞でしたが
愛鷹山塊と箱根の山々がかっちりのぞめました。


2020032215.jpg

2020032216.jpg

やがて砂礫の急斜面になります。
画像では伝わりませんが、登りながらちょっと滑ってを繰り返す
富士山独特の辛い登りでした。


2020032217.jpg

2020032218.jpg

2020032219.jpg

2020032220.jpg

山頂からは宝永山と富士山頂が二段に見えます。


2020032221.jpg

無二の絶景ですが風がとっても強いです。


2020032222.jpg

雄大な景色の中で記念撮影して下の原っぱでランチとします。
登りとは逆に、下山は余分に滑る砂走りで楽々です。

ゆっくりとおにぎりタイムをとり、来た道を下山します。


2020032223.jpg

春はすぐそこですね。


2020032224.jpg

麓はちょっと奥多摩チックだったり、


2020032225.jpg

時には丹沢チックだったりします。


2020032226.jpg

2020032227.jpg

2020032228.jpg

駐車場に隣接する観光施設は
コロナの影響で閉館しておりました。


今日は何故かロガーの調子が悪く、
計測が半ばで途絶えてました。

2020032229.jpg
↑計測エラーです

2020032230.jpg
↑計測エラーです



正しくはこんな感じ ↓
---------------------------------------------------
2020-3-22 07:00
合計時間:5時間30分
距離:10.5km
最高点の標高:1929m
最低点の標高:1443m
累積標高(上り):880m

富士山 吉田口(馬返し~4合)

2020031500.jpg




コロナ、コロナで生活も気分もとっても窮屈。
人ごみを避けて、
ストレス解消には自家用車ですいている山に行くに限ります。

昨日バンバン雪が降って、中央道河口湖線は冬タイヤ規制が出ました。
歩く以前に、車が入れるかわかりませんが、男二人、ダメなら何とか引き返せるでしょう、
と吉田口馬返しを目指して決行。

同行いただいた先輩は神経痛から復活し、初の山行なので
リハビリがてら無理なきようゆっくり行きます。

もちろん私も本格的な冬山などはやりません。


2020031501.jpg

河口湖駅前。
早朝なので一部ブラックアイスで凍っています。


2020031502.jpg

スバルラインへ向かう道中。
完全に冬道です。


2020031503.jpg

中の茶屋手前。
他に車なく、霧氷と新雪に朝陽が射して、すごくキレイ。


2020031504.jpg

中の茶屋を通過。
明るい雪道をゆっくり走るのは好きです。


2020031505.jpg

クルマも少しラッセル気味になってきました。
他に往来ないので、急ブレーキなど踏んでみて滑り具合をテスト。
大丈夫、ググッとABSがきいて問題なしです。


2020031506.jpg

心配していたすれ違いなく、馬返しに到着。
駐車スペースは全面20~30センチの降雪のため、前後左右踏み慣らし。
駐車していたのはランクルが一台。


2020031507.jpg

雪深く、歩きにくさも予想されるので、
安全第一で10時に折り返し下山としてスタート。


2020031508.jpg

2020031509.jpg

2020031510.jpg

2020031511.jpg

2020031512.jpg

降雪の後のフワフワの新雪。
そして微風で青空。
こんなコンディションは二度とありませんな。


2020031513.jpg

青空と霧氷。


2020031514.jpg

2020031515.jpg

2020031516.jpg

2020031517.jpg

2020031518.jpg

上越方面のスキー場では味わえないであろう吹けば飛ぶような新雪。
踏み跡ないとこで思わずダイブしちゃいました。
それでも濡れません。


2020031519.jpg

2020031520.jpg

2020031521.jpg

三合目を越えると、膝上高さの雪。


2020031522.jpg

倒木。


2020031523.jpg

そして取り決めの3時間。標高約1900m地点。
傾斜が増し、チェーンスパイクは新雪で高下駄状態。
もちろんワカンやスノーシューなど持っていないので、
4合手前ですが折り返しましょう。


2020031524.jpg

3合目まで戻り、ランチタイム。
毎度ですが、地上では不味いカップ麺の美味なこと。


2020031525.jpg

無事下山。


2020031526.jpg

最高の雪景色を堪能できました。


2020031527.jpg

またね~


15時には帰宅。
洗車して風呂入って近くで飲み。

良き1日でした。



2020031528.jpg

思い出の古いノースのジャケット、
防水が危ういので、最近ほとんど着ておりませんでしたが
今日使ったところ、両袖口のテープ部分の樹脂パーツがポロリ。
思えば山初期の頃、
赤岳に連れてってもらう際に購入したものなので10年になってました。
ありがとう、さようなら。



2020031529.jpg

2020031530.jpg

2020031531.jpg

2020031532.jpg

2020031533.jpg