FC2ブログ

丹沢山、晴天なり


2019121500.jpg




冬晴れ予報の本日、丹沢山に行ってきました。


2019121501.jpg

いつもの山屋SLOWのある駐車場に停め、6時、
ヘッデン歩きで出発します。


2019121502.jpg

さぁ、今日も大倉尾根でハァハァしましょう!


2019121503.jpg

ここは山の銀座のようなところですが、先日熊の目撃があTったため
ピッカピカの注意喚起看板が立てられてました。


2019121504.jpg

数十分であたりはすっかり明るくなり、
エネルギッシュな朝陽が出迎えてくれます。


2019121505.jpg

今日は表尾根もクッキリ見えます。


2019121506.jpg

作者はかわいい女性か、などど勝手に思いを馳せます。


2019121507.jpg

甘酒は好みでありませんが・・・


2019121508.jpg

そそられます。


2019121509.jpg

堀山の家。


2019121510.jpg

ここでもう既に冬富士見山。


2019121511.jpg

ハァハァ。


2019121512.jpg

戸沢からの合流。
チャンプはここから登場するのかな。


2019121513.jpg

花立山荘着。


2019121514.jpg

素敵だ。


2019121515.jpg

相模湾朝焼け。
画像では伝わりませんが、
伊豆半島、初島、大島、江ノ島、横浜市街、関東平野から房総半島まで
今日は見えるべき全てが望めました。


2019121516.jpg

終日富士見の道中です。


2019121517.jpg

愛鷹山塊と富士山。


2019121518.jpg

おー、チャンプさん、おはようございます。


2019121519.jpg

トウに着。


2019121520.jpg

尊仏様越しの富士山。
大好きな構図です。


2019121521.jpg

南アルプス方面。


2019121522.jpg

北岳から八ヶ岳方面。


2019121523.jpg

裾までハッキリ、静岡スタイルの富士山を見ながらの
お気に入りの尾根歩き。


2019121524.jpg

竜ヶ馬場を過ぎ、ソーラーパネルが見えると


2019121525.jpg

丹沢山に到着。


2019121526.jpg

素敵だ。

以下山頂スナップ。

2019121527.jpg

2019121528.jpg

2019121529.jpg



2019121530.jpg

今日も缶詰ブチ込み鍋焼きうどんとドリップコーヒーで休息。
風も穏やかだったのでゆったりのランチタイム。


2019121531.jpg

青空度合いがますますアップしてきた。


2019121532.jpg

ここから蛭ヶ岳までのピストンはさらに6.8km増。
いつかやろうと思ってましたが、大倉-蛭ヶ岳の日帰りピストンとなると
やはり私の脚では無理でしょう。

さぁ駐車場まで頑張りましょう。


2019121533.jpg

まだ行ってないユーシン方面。


2019121534.jpg

笹薮越しの富士。


2019121535.jpg

13時頃、復路の塔。
ガンガン人が絶え間なく上がってきます。


2019121536.jpg

名残惜しいですが一気に下りましょう。


2019121537.jpg

表尾根と大山。


2019121538.jpg

花立で空を見上げるとハンググライダーから
ライダーが手を振ってました。
羨ましくはありますが、私は怖くて絶対に飛ぼうとは思いません。


2019121539.jpg

途中、観音茶屋にて定番の牛乳プリンを食し、下山完了。


2019121540.jpg

下界はやや紅葉残ってました。




2019121541.jpg

2019121542.jpg

2019121543.jpg

2019121544.jpg

2019121545.jpg
スポンサーサイト



師走

2019121201.jpg


いつの間にか令和になり、元年はあとわずか

冬準備

2019121001.jpg


夏タイヤをシャンプー。
スタッドレスに換え、冬準備完了。

散歩

街にいるにはもったいない快晴の休日。

夜忘年会があるため、所用ををこなしつつ都内を散歩

水道橋にて買い物を済ませ、軽く一人で昼飲み。


2019120801.jpg

神田のスポーツ用品街にてスキー用品を物色。


2019120802.jpg

人出もそれなりにありましたが、購入しているのは皆さん周辺小物の模様。


2019120803.jpg

秋葉原を通過。
日本人率かなり低く、大半は外国人。


水道橋-お茶の水-秋葉原-上野 と経由し帰宅。

夜は遅くまで
美酒をかっちりやってしまいました。

扇山~百蔵山

2019120100.jpg




晴天の秋の日曜日、
大月市・秀麗富嶽十二景の扇山、百蔵山を歩いてきました。

バスを使わず、JRのみで完結するルートです。


2019120101.jpg


JR中央線は相模湖を過ぎると次第に乗客が減り始め、
藤野、上野原を経ると登山者も激減します。
初めておりる鳥沢駅から歩き出します。


2019120102.jpg

初の山なので画像多めで行きましょう。


2019120103.jpg

駅を出て右に直進です。


2019120104.jpg

中央道をくぐります。


2019120105.jpg

正面に目指す扇山が見えます。


2019120106.jpg

が、山に向かう道標などはほとんどありません。


2019120107.jpg

神社脇を直進します。


2019120108.jpg

人気の山だと聞いてましたが、登山者の姿はありません。


2019120109.jpg

エコハウスという施設を通過。


2019120110.jpg

ようやく扇山の表示。
端的にいいますと、ただただ大月カントリークラブを目指しましょう。


2019120111.jpg

紅葉は今回で見納めですかね。


2019120112.jpg

雲の切れ間に富士山。
山頂着くころには全貌を頼むよ、と祈願。


2019120113.jpg

わかりにくいのでGPSで確認すると、
このヘアピンカーブの先から山に入れる感じ。


2019120114.jpg

大崩落地で車道は行き止まり。
登山者はここを右に行き入山。


2019120115.jpg

電車を降りてから約1時間半。
長いロードでした。


2019120116.jpg

やっと土の上を歩けます。


2019120117.jpg

崩落個所を上から覗いてみました。
かなり酷い様子です。
復旧までは相当時間がかかりそうです。


2019120118.jpg

入山早々に歩きたての熊の足跡がありました。
あとで調べるとかなり出るらしい。
気を付けましょう。


2019120119.jpg

山中は道標しっかり。


2019120120.jpg

冬枯れの山歩きは気持ちいいです。


2019120121.jpg

カラマツの黄葉が青空に映えます。


2019120122.jpg

なかなかの急登を行き、山頂だっ。


2019120123.jpg

雲がとれるまであと少し。
百蔵山に着く頃には消えることでしょう。


2019120124.jpg

腹減りました。


2019120125.jpg

久々冬仕様の鍋焼きちゃんぽん。
何でもこの中に投入して煮込むと旨さ倍増です。
今日はゆず胡椒味の焼き鳥缶を入れました。


2019120126.jpg

ゆっくり休んで百蔵山への縦走路へ。


2019120127.jpg

直進。


2019120128.jpg

すぐに大久保山。


2019120129.jpg

地味にキツいアップダウンがあります。


2019120130.jpg

時々フカフカの癒し。


2019120131.jpg

2019120132.jpg

2019120133.jpg

百蔵山に到着。


2019120134.jpg

雲がとれて全貌が拝めました。


2019120135.jpg

ランチしてる方が多々おりました。


2019120136.jpg

穏やかです。


2019120137.jpg

気温が上がり、動いていると上着要りません。


2019120138.jpg

猿橋に向け下山します。


2019120139.jpg

紅葉に見とれ、無駄口をたたいていたら前へコケました。
もう少しで顔面を強打するとこでした。
何でもない道になってからの油断、要注意です。


2019120140.jpg

2019120141.jpg

2019120142.jpg

百蔵浄水場に出るとあとは舗装路歩きになります。


2019120143.jpg

ここの職員さんは毎日こんな風景が見れるんですね。


2019120144.jpg

2019120145.jpg

右に行けば駅ですが、せっかくなので有名な猿橋を見学しにいきます。



2019120146.jpg

到着。


2019120147.jpg

日本三大奇橋の猿橋です。


2019120148.jpg

2019120149.jpg

撮影ポイントでの一枚。


2019120150.jpg

猿橋自体は予想していたより小ぶりな橋でしたが
隣にかかる橋や渓谷美はなかなかのモンでした。


2019120151.jpg

2019120152.jpg

2019120153.jpg

見学終えて駅まで歩き。
本日もなかなかの距離を歩きました。

帰路の電車はしっかり睡眠。
鶯谷到着後はかっちり飲みました。


2019120154.jpg

2019120155.jpg

2019120156.jpg

2019120157.jpg

2019120158.jpg