FC2ブログ

ホントは眺望の蓼科山

2019081800.jpg




疲れもたまっているし、熱中症も怖いので最短で登頂します。


2019081801.jpg

七合目、一の鳥居登山口駐車場。


2019081802.jpg

山頂へのコースタイムは2時間ちょい。
ゆっくり行きましょう。


2019081803.jpg

下りてくる頃には間違いなく満車になっていることでしょう。


2019081804.jpg

久しぶりの山の空気、たまらんです。


2019081805.jpg

天狗の露地。
ちょっと覗くがガスで眺望はなし。


2019081806.jpg

ガラガラ、ゴロゴロ、これが蓼科山。


2019081807.jpg

北八的なシラビソと苔、これも蓼科山。


2019081808.jpg

シナノオトギリソウ。


2019081809.jpg

結構急です。


2019081810.jpg

将軍平着。


2019081811.jpg

蓼科山荘越しに山頂。


2019081812.jpg

何ていうんだろう?
この葉っぱの表面から針が無数に生えてるやつ。


2019081813.jpg

鎖場。


2019081814.jpg

花には遅い季節ですね。


2019081815.jpg

蓼科山頂。


2019081816.jpg

肩に建つ山頂ヒュッテ。


2019081817.jpg

そして山頂。


2019081818.jpg

眺望が魅力の山なはずですが白くて見えず。
決して天気が悪いわけではなく、夏空なんです。


2019081819.jpg

記念撮影して山頂をうろうろ。


2019081820.jpg

溶岩ゴロゴロ。
歩くのに四苦八苦。個人的にすごーく苦手です。


2019081821.jpg

最近お決まりのノンアルと柿の種。
せっかくのランチタイムがアブの大群で台無し。
トンボが来ると一瞬姿を消すが、いなくなるとアブの巣窟。
頑張れ!トンボ。


2019081822.jpg

時々のぞく青空。
まだまだ秋は遠い感じかな。


2019081823.jpg

向う岸にお隣の百名山 霧ケ峰。
見えたのはこれだけでした。


2019081824.jpg

足元がゴロゴロな山は苦手です。
コースタイムも短く、
一般的にはちょー簡単なコースとされていますが
私にとっては十分な運動になりました。


2019081825.jpg

2019081826.jpg

2019081827.jpg

2019081828.jpg

2019081829.jpg
スポンサーサイト



なかなかの便利モノ

2019081701.jpg


使えそうなモンキーレンチを入手しました。

ラチェットの17ミリが柄の末端に付いており
中間に10ミリと13ミリの穴が開いてます。
どれも我々が良く使うサイズです。

幾度もパッケージの説明を見たりして、しばらく悩みました。
ラチェットの部分、片側にしか回らないけどどうやるんだ? と。

自分の愚かさに笑みがこぼれました。
ただ単に裏返せば良いのですね。


2019081702.jpg

上記のような空調架台の組み立てならこれだけでいけそうです。

そのようなケース、ほぼ新設はないため、
錆びて腐食しきった旧架台の解体には
通常のレンチのセットが必携だとは思いますが・・・

八ヶ岳(硫黄岳)

2019080400.jpg




とっても長~い梅雨もようやく明け、
久しぶりの晴天が約束された山に行ってきました。

まだ歩き始めて初期の頃、
初めての小屋泊りで周遊した際に通過して以来の硫黄岳です。

今回は桜平からの山行。
硫黄岳のみを目指す最短ルートで、
初級者むけ日帰りの八ヶ岳としてガイドブックなどでもよく紹介されています。


2019080401.jpg

桜平駐車場は、上中下の3段あり、
最短の上段は駐車わずか20台、
メインになる中段は60台、
70台駐車できる下段に停めた場合には往復で2時間以上の歩きが加算となります。

下段を越えて上がって行くと、路肩駐車の数が増え、嫌な予兆がありましたが
何とか滑り込みで中段最後の一台のスペースに駐車。

ついてました。


2019080402.jpg

まずは夏沢鉱泉を目指して歩きだします。


2019080403.jpg

北八ヶ岳の登山口でもあるだけあって
もののけな雰囲気の森を行きます。


2019080404.jpg

ヤマレコなどによると
硫黄岳とともに北ヤツの天狗を周遊する方も多いようです。


2019080405.jpg

気持ちの良い登山道です。


2019080406.jpg

夏沢鉱泉通過。


2019080407.jpg

高所で温泉のある小屋として有名ですね。


2019080408.jpg

森に射し込む朝陽、最高ですね。


2019080409.jpg

ブナとシラビソの豊かな森です。


2019080410.jpg

オーレン小屋着。


2019080411.jpg

歴史ある有名な小屋ですね。


2019080412.jpg

ここからグッと高度を上げていきます。


2019080413.jpg

木々の間から両天狗と蓼科山。


2019080414.jpg

稜線までモウスグ。


2019080415.jpg

赤岩の頭。


2019080416.jpg

赤岩の頭より硫黄岳山頂。


2019080417.jpg

向かいの赤岳をズームアップ。
たいへんな人出ですね。
9年前に泊まった頂上小屋が見えます。


2019080418.jpg

富士山とも、浅間山とも、磐梯山とも
ちょっと違った火山の風景。


2019080419.jpg

キバナシャクナゲ、好きです。


2019080420.jpg

本日の最高到達点、硫黄岳 2760m。


2019080421.jpg

横岳、赤岳、権現岳、阿弥陀岳。
青空の下、眺望バツグン。


2019080422.jpg

腹減りましたが、


2019080423.jpg

どんどん人が上がってくるので、まずは記念撮影。


2019080424.jpg

このクソ暑い夏なのにさすがは八ヶ岳、
上着が欲しい位の爽やかな風が流れています。


2019080425.jpg

キンキンに冷えた炭酸を持参。
下界では不味いノンアルですが山ではとっても美味。

ゆったりランチしたら下山。


2019080426.jpg

迫力の爆裂をバックに下山。


2019080427.jpg

ケルン越しの西天狗、東天狗。


2019080428.jpg

えらく崩落した箇所がありました。


2019080429.jpg

夏沢峠。


2019080430.jpg

モモンガが棲みついていることで有名な 山びこ荘。


2019080431.jpg

そしてオーレン小屋からは登りと同じ道。


2019080432.jpg

夏空ですから、午後には雲が沸いてきます。


2019080433.jpg

疲れた身体に優しいとても良い山でした。


2019080434.jpg

ところがさすがは八ヶ岳。
駐車場に着くと吸血アブに包囲されました。


2019080435.jpg

危険なので、着替えは町に下りてからということで
サッと乗り込み、直ちに発車。

正午過ぎには現地を発ったのですが
中央道はそこらじゅうで事故。

ティータイムに着いちゃうんじゃねぇ?
なんて心配しましたが、ちゃーんと飲酒タイムの到着となりました。




2019080436.jpg

2019080437.jpg

2019080438.jpg

2019080439.jpg

2019080440.jpg

2019080441.jpg