FC2ブログ

毎度、陣馬さん

2018112500.jpg




本日はアニマルウォッチャーな先輩と二人、
秋の麗らかな陣馬をゆったりと歩きました。

鉄道のみで完結し、高尾-陣馬のトレイルのような混雑もなく歩ける
お気に入りのルートです。


2018112501.jpg

藤野着、6:42。

この可能な限りの一番電車で到着すると
陣馬山登山口までのバスは運行しておりません。
ゆっくりと準備を整えて、出発します。


2018112502.jpg

登山口までは車道歩きで30分。
ウォームアップには丁度いい行程です。


2018112503.jpg

駅を出て左折、狭いトンネルをくぐります。


2018112504.jpg

迷うことない一本道です。


2018112505.jpg

程なく登山口のバス停です。
山へは右折ですが、少々直進して右手には公衆トイレがあります。


2018112506.jpg

左折で一の尾根コース、
右折で栃谷コースとなります。
頂上まではともに100分、どちらも明るく、緩やかで気持ちのいい登山道です。


2018112507.jpg

一の尾根コースに入ると
野生では未だかつてない程の猿の群れに取り囲まれました。
ざっとみて20頭軽く超といった感じでしょうか。
暫らく観察して、写真など撮ってましたが、
この集団のボス猿に威嚇されると結構ビビリました。


2018112508.jpg

陣馬高原下バス停から登る”新ハイキングコース”は暗くて急ですが
こちらの尾根は明るく緩やかで気持良く歩けます。


2018112509.jpg

木々の間からは富士山が顔を出します。


2018112510.jpg

2018112511.jpg

2018112512.jpg

今週が紅葉の盛りのようですね。


2018112513.jpg

休憩所、一の尾テラス。


2018112514.jpg

程なく山頂。


2018112515.jpg

今日も寄りました、清水茶屋。
富士山を望みながら旨いビール。


2018112516.jpg

時間が経つにつれ、混んできました。
相模湖駅へ向け、下山しましょう。


2018112517.jpg

明王峠、大平小屋と行き、本日は与瀬神社方面ではなく
右に分岐し、沢方面へおります。


2018112518.jpg

誰とも会わず、獣の気配を存分に感じつつ荒れたルートで下山完了。
与瀬神社ルートは中央道をまたぎますが、
こちらのルートでは中央道の下をくぐり、駅を目指します。


2018112519.jpg

相模湖では別ルートを歩き、
お待ちいただいていた先輩を交え、三人でかどやイン。

商売上、色々と参考になる話をしながらの
山行もこれまた楽しい秋の休日でした。


2018112520.jpg

2018112521.jpg

2018112522.jpg

2018112523.jpg

2018112524.jpg
スポンサーサイト



ダメだ、こりゃ

よく聞くんです、
「よく行くねぇ、あんな混んでるとこ、クルマじゃ二度と行かないよ。」

越谷レイクタウンへは幾度も行ってますが
午後に出発したのは初めてでした。


2018112301.jpg

最悪です。

駐車場所探しに30分。
延々と徘徊し、空くと取り合いになります。

空きもないのにゲートは開きっぱなし。
係員はイライラを感じてか逃避。


2018112302.jpg

2018112303.jpg


スキーのストックでも買おうと思ったのですが
全くめぼしいものなく撤退。

そのままお茶の水へ行き、購入。
やはり専門店は違います。

毎度、丹沢さん

2018111800.jpg




早く行かないと秋が終わってしまいます。

お日様マークではないにせよ、降水確率はなくなり、風も静穏。

行かねばなりません。

4:40 入谷を発ち、ソロで出動してきました。



2018111801.jpg

ここんとこはいつも、こちらの民間駐車場にお世話になってます。
まだ暗い 5:30 に到着し、朝食、準備をし、
駐車場オーナーのマダムと話をしてからゆっくりと出発します。


2018111802.jpg

6:00 入山。


2018111803.jpg

山の中は少々暗く、誰もいませんがすくに明るくなり、
あっというまに若い方々に抜き去られるのが常です。


2018111804.jpg

茶屋でもできるのかと思ってましたが、
掘っていたのは水道管埋設のためだそうです。


2018111805.jpg

克童窯。
検索するとわかりますが、その筋では結構有名な窯のようです。
今放送中の高橋一生さんのドラマで毎回登場します。
山中の知っているロケ地が映るとついつい見てしまいますね。


2018111806.jpg

丹沢ベース。
向う岸の表尾根、ガスの中です。
今日は表尾根ピストンも考えましたが、
走り屋のメッカであるヤビツ峠は暗い時刻には
ドリフト族が突っ込んでくるのでやめました。


2018111807.jpg

観音茶屋。
帰りに牛乳プリン食おう。


2018111808.jpg

大観望分岐。
山小屋、閉鎖しちゃったんですね。
昨年のことなので、それ以降も通過してますが気付きませんでした。

そうそう朗報です。
以前に書きましたが、大倉バス停まえのレストハウス”どんぐりはうす”
も閉鎖されちゃってますが、間もなくコンビニがオープンするとのことです。


2018111809.jpg

幾度もブログに載せているルートです。
今日も静寂の中、はぁはぁ音を響かせ行きましょ。


2018111810.jpg

次々とランナーの皆さんにパスされます。
登山者はまだ登ってきません。


2018111811.jpg

見晴らし茶屋。


2018111812.jpg

雲の間から朝日が
江の島にスポット状に射しこんでおり、幻想的でした。


2018111813.jpg

第一ガレ場(そう呼ぶ人はいませんが)。


2018111814.jpg

木段地獄。


2018111815.jpg

歩荷さん。
350缶を2ケース+α背負っていたので、
恐らくは20~30kgを上げているんですね。
それを思うと、
山中でビールも水も400~600円/本 するのも妥当な価格ですね。


2018111816.jpg

このあたりは海に近いので、露骨に台風の影響を受けており、
例年のような秋景色はなく、上画像が精いっぱいの秋景色でした。


2018111817.jpg

グングン高度を稼ぐバカ尾根なので、
たまにある水平歩きにはホッとします。


2018111818.jpg

身体が浄化されました。


2018111819.jpg

横から差し込む陽に照らされ、自分と歩荷さんの歩く影をみると、
歩荷さんは明らかに左右の揺れが少ない理想的な歩き方をされてます。


2018111820.jpg

駒止茶屋を通過すると
塔の岳までは約3kmです。


2018111821.jpg

甘味、そそられますね。


2018111822.jpg

カフェもいいっすね。


2018111823.jpg

POPの作風が女性的で、やわらかで癒されます。


2018111824.jpg

堀山の家、今日も中から賑やかな声が聞こえます。
いつも常連の皆さんが集っておられるのでしょう。


2018111825.jpg

表尾根にも陽が差してきました。


2018111826.jpg

時間はたっぷり。
ゆっくり行きましょう。


2018111827.jpg

このビミョーな高さの木段がジャブのように
地味にきいてきます。


2018111828.jpg

ここで休むか、花立で休むか、ですが
トイレを借りたいので花立に向かいスルーします。


2018111829.jpg

ん?
今日は花立名物のフラッグがありません。
”氷”も”おしるこ”も揺れてないのは初めてです。


2018111830.jpg

もちろん、富士山は雲の中でした。


2018111831.jpg

鍋割と合流する 金冷し を通過。


2018111832.jpg

ボディブローのように効きます。


2018111833.jpg

今日もお元気なチャンプ。
馴染みのない関東圏以外の方は
”丹沢チャンプ”で検索すると無限にヒットします。


2018111834.jpg

塔 着。


2018111835.jpg

駐車場のおばさんが言ってました。
”昨日はとってもいい天気でしたよぉ”と。


2018111836.jpg

尊仏様に引き続きの安全を祈願し、休憩。


2018111837.jpg

今日は山行中は曇り、午後からは晴れの予報です。

あたってます。


2018111838.jpg

今年最後の丹沢になると思いますのでガスガスではありますが
丹沢山へ向かいます。
塔の岳からピストンすると、
プラス2時間、登り累計標高でプラス約350m、となります。


2018111839.jpg

少し行くと、プレハブ小屋が2棟建ってました。
塔の岳-丹沢山 間の登山道整備のための寄宿舎だそうです。

感謝申し上げます。


2018111840.jpg

真っ白。


2018111841.jpg

ユーシン側は晴れてきました。


2018111842.jpg

前から行ってみたいユーシン渓谷ですが、
まだ遊歩道が崩壊しており、
復旧は来年の紅葉時期に間に合うか否かといった感じだそうです。


2018111843.jpg

竜が馬場。
丹沢山山頂が混雑していたら
いつものように戻ってここでランチとしましょう。


2018111844.jpg

そちこちにヘリで下ろしたであろう
修繕資材が置かれています。


2018111845.jpg

ソーラーパネルが見えて来ると山小屋、
鉄則です。


2018111846.jpg

丹沢山山頂。


2018111847.jpg

みやま山荘。


2018111848.jpg

記念撮影ポイント。
ブルーシートに阻まれているので、富士山見えなくともよし。


2018111849.jpg

それでも登山者でベンチはいっぱいだったので
少し休んで、お気に入りの竜が馬場へ向かいます。


2018111850.jpg

竜が馬場にてランチ。
腹の減りに加え、とっても寒いので一気に食しました。

晴れを待ちたい気持ちは山々でしたが
帰路の東名渋滞に巻き込まれず帰れそうなのでそそくさと下山。


2018111851.jpg

”クリステル、今日もありがと”




2018111852.jpg

2018111853.jpg

2018111854.jpg

2018111855.jpg

2018111856.jpg


味わいつつも、それなりに真面目に歩いたので
しっかりした筋肉痛で、アクセル踏む足がプルプル震えました。











オープンで紅葉狩り

晴天の秋の日、奥多摩を紅葉ドライブ。


2018111101.jpg

奥多摩湖よりの紅葉。


2018111102.jpg

来週位が盛りかな?


2018111103.jpg

終始車を乗り換えて、滅多に経験できないユーノスを存分に味わいました。
オープンでマニュアル、そして何よりライトウエイト。
こんなのでいいペースで流れる周遊道路を走るととっても楽しいです。
運転する楽しさを十分実感できました。


2018111104.jpg

標高を上げるにつれ、色づきが良くなっていきます。


2018111105.jpg

道路わきに点在する展望スペースからは
皆さん秋景色を堪能されてました。


2018111106.jpg

山行の際、
五日市からバスに乗るといつも賑わっており、気になってました。
手打ちそば”深山”。


2018111107.jpg

十数人待ちでようやく入店。
ちょーレトロな店内。

蕎麦は旨かったですが量がかなり少な目でした。
すいていればおかわりしたいところでしたが
混んでいたのでサッとすすって出ました。




そろそろ丹沢も紅葉が良い頃でしょう。
来週は山行けるかなぁ

東北の旅

町会有志での2年に一度の一泊旅行。

私自身としては2ふぉめの仙台を中心とした旅になりますが、
前回訪れたのは20代の頃。
なので、もちろん全く記憶がございません。

幹事さんの綿密な計画にすっかりおんぶし、
楽しい旅と、上質な食を満喫して参りました。

一日目の始まりは一関から。

平泉をレンタサイクルで巡ります。



まずは毛越寺から。


2018110301.jpg

2018110302.jpg

2018110303.jpg

2018110304.jpg

2018110305.jpg

2018110306.jpg

2018110307.jpg

2018110308.jpg

紅葉の庭園風景が素晴らしかった。



昼食、昼酒をはさんで午後の部へ。



まず午後は中尊寺へ。

2018110309.jpg

2018110310.jpg


金色堂は国宝、重文のお宝が多々で、
建物も含め、今回の旅のハイライトでした。





再び新幹線に乗り、宿泊地ある仙台まで移動し
タクシーで瑞鳳殿へ。

2018110311.jpg

2018110312.jpg

かの有名な伊達家の墓所です。
東照宮か関帝廟か、という位の華美な色使い、装飾でした。



そして青葉城(跡)へ。

2018110313.jpg



非常な車の混雑のため、記念撮影をし、
さっと停まっていたいたタクシーに分乗し、
何とか予約しておいた夕食処に間に合いました。


現地ならではの
旨ーい食事と酒を存分に味わいました。




明けて二日目、11月4日は仙台から在来線に乗って塩釜へ。


塩釜神社を参拝。


2018110401.jpg

七五三に祈祷でたいへん賑わっておりました。



美味なる食事とお酒を味わい、塩釜港へ。

松島湾を遊覧。


2018110402.jpg

2018110403.jpg



上陸し、
五大堂、瑞巌寺、円通院を見学。


2018110404.jpg

2018110405.jpg

2018110406.jpg

2018110407.jpg

2018110408.jpg

2018110409.jpg


そして飲みながらの復路。


幹事さん、副幹事さん、
美味しく楽しい旅行をありがとうございました。




↓ 特に旨かった幸たち


2018110410.jpg

2018110411.jpg

2018110412.jpg

2018110413.jpg

2018110414.jpg