FC2ブログ

丸沼にて気持ち良く滑る

2017022600.jpg

おっさん4人でスキー&スノボ。

2017022601.jpg

2017022602.jpg

2017022603.jpg

丸沼はロングで気持ち良いゲレンデです。
スポンサーサイト



あらためまして 三つ峠

2017021900.jpg


本日は動物写真が趣味の業界の先輩との山歩き。

前日の”てんくら”によると、
我々の行動時間である午前中は強風予報。

迷うところではありますが天候自体は雲なしのお日様マーク。

籠ってちゃいけません、
まずは出動してみるべし、です。


先週と同じく向かった三つ峠最短ルートの登山口までは
国道分岐の登りから全面雪道。
ノーマル不可、スタッドレス必着です。

2017021901.jpg


登山口の駐車スペースに到着後、
まったりと準備をし、軽アイゼン装着でゆっくり歩きだし。
山頂まで2時間弱の行程です。


2017021902.jpg

沢もすっかり凍てついてました。


2017021903.jpg

朝日が見えるだけで暖かな気分になります。
太陽の力は素晴らしい。

色々と商売上の情報などをいただきながらのゆったり歩きです。


2017021904.jpg

四季楽園方面との分岐です。
左に行くと四季楽園脇の公衆便所に出る道だと思われます。
ここは右の三つ峠山荘方面に行きます。


2017021905.jpg

程なく、樹林帯を抜け、絶景が広がります。


2017021906.jpg

いやー、素晴らし過ぎる。


2017021907.jpg

真冬だからこそ得られるこの澄んだ空気感。
風もホドホドで一切問題なし。
先輩の立派なカメラを覗かせていただくと、富士山頂が眼前にあります。


2017021908.jpg

三つ峠山荘は通年営業のようでした。
黒い動物が、熊か?カモシカか?と思ったら飼い犬でした。


2017021909.jpg

小屋脇を抜けると先に山頂。


2017021910.jpg

そしてもうひとつの営業小屋、四季楽園。


2017021911.jpg

ここからの展望もバツグンでした。


2017021912.jpg

四季楽園デッキより。
これがクライミングで有名な屏風岩ですね。


2017021913.jpg

正面に NHK やら FM やらの電波塔。
左下に目をやると NTT の電波塔。


2017021914.jpg

航空機も常時たくさん飛んでました。
今日の空からの富士山は最高でしょうなぁ。


2017021915.jpg

2017021916.jpg

そして山頂。
息をのむ360°の大展望です。

富士、丹沢、奥多摩、秩父、南アルプス、
御嶽、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳、
相模湾、関東平野、そして スカイツリー まで。

2017021917.jpg

2017021918.jpg

2017021919.jpg

2017021920.jpg

2017021921.jpg

2017021922.jpg



営業小屋で昼飯としたかったのですが
両小屋とも靴を脱がねば入れないようで、
アイゼン、スパッツ、靴と脱ぐのは面倒なため、
外で軽くおにぎり&コーヒータイムとしました。

そして下山。


2017021924.jpg

下山時、多くはない駐車スペースは満車でした。
本日も雪道なので
フォレスター、XV、インプとスバル率が高かったです。

この時期ならまた来てみたい
上々の山でした。



2017021925.jpg




2017021900a.jpg



--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2017/2/19)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約4時間52分
登山口:三つ峠登山口
面子:2名
天気:快晴
--------------------------------------------------------








□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

究極

昨年、悟りました。

どんな高機能な工具ケースよりも
究極の道具運搬手段は
買い物カゴとバケツだと。

カゴは中が丸見えで忘れ物なくスグに必要なものが取り出せ、
バケツは水さえ借りれば雑巾拭きができる上に
濡れたものでもゴミでも何でも入れて持ち帰れます。


2017021601.jpg

本日カゴを12個入手しました。

これで作業効率アップ間違い無しです。

三つ峠からの、やっぱり高尾

2017021200.jpg


本日は優美な富士山を観に、三つ峠山に行きました。


2017021201.jpg

山は当然マイナス気温。
寒いのでソロになるかと思っておりましたが、
先輩が同行して下さることとなり、
全行程雪なので最短でゆっくり歩ける裏側の登山口目指し、
クルマを走らせました。


2017021202.jpg

ノーマルタイヤ不可の山道でしたが駐車場には到着7時頃で
10台程度の登山者あり。
皆さん勤勉ねぇ~


2017021203.jpg

「こりゃ迷うことなく、ここから往復アイゼン歩きですね!」
「あ、あ、あ、アイゼン忘れた!」

・・・あります、そういうこと。


2017021204.jpg

安全第一です。

今回は入口調査ということで、
気を取り直して雪の心配のないところでも歩きましょう。


2017021205.jpg

ということで、名残惜しくはありましたが
登山口タッチ&ゴーで河口湖インターから東京方面へ向かいます。


で、着いたところはまたまたの高尾山です。


2017021206.jpg

停めた駐車場に戻らねばならないので、普段はあまり行かない
南高尾山稜の周遊としました。


2017021207.jpg

日差しが暖かです。


2017021208.jpg

青空の下、向う岸に高尾山が見えます。


2017021209.jpg

こちらはいつものメジャールートに比べ、
歩いている方の年齢層が少々高めです。


2017021210.jpg

小さなアップダウンが連続し、意外にきついです。


2017021211.jpg

2017021212.jpg

榎窪山 430m。


2017021213.jpg

西山峠。


2017021214.jpg

津久井湖と雪化粧した存在感ある丹沢山塊。
丹沢方面、今日はやけにヘリの往来がありました。
帰宅後調べると青根側で遭難が3件相次いだとのこと。

気を付けましょう。


2017021215.jpg

大洞山 536m。
まだまだです。


2017021216.jpg

大垂水峠の車道をを跨ぎ、


2017021217.jpg

学習の歩道へ。


2017021218.jpg

ひと登りしてひと巻して、
いつもの高尾山メインルートへ。


2017021219.jpg

丹沢&富士。
午後は眺望が今一です。


2017021220.jpg

いつもの階段を逆に。


2017021221.jpg

日なたで乾いた稲荷山コースで下山。


2017021222.jpg

毎度の猿親子に礼を言い下山完了。


2017021223.jpg

2017021224.jpg

2017021225.jpg



飲み屋の開店時刻にぴったりに帰宅。

三つ峠は雪のあるうちにリベンジしましょう。



2017021226.jpg



2017021200a.jpg


--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2017/2/12)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約6時間23分
登山口:南高尾登山口
面子:2名
天気:晴れ
--------------------------------------------------------








□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

メンテ

冬晴れの連休一日目。

以前より気になっていた自宅電動シャッター裾の錆。

ここに穴でも空いちゃうと高額な修理代が発生しますからね。
半端な塗料も倉庫にあるんで塗っちゃいましょ。


2017021101.jpg

ボルト数か所を外し、裾部のみ分解します。
長さがあるんで予想外の重さでした。


2017021102.jpg

ワイヤーブラシですりすり。
錆止めしなくても塗装だけで済みそうです。
午前中には復旧できそうです。


2017021103.jpg

日なたで刷毛塗りします。
子供の頃、ペンキ塗りは楽しかったなぁ、なんて思いつつ。


2017021104.jpg

完成。

重さがあったため肩に掛けてボルト止めしたところ
フリース一枚が塗料でダメになりました。

元々今後着ない不要なモノでしたが
こんなタイミングでないと捨てられないので良しとしましょう。

| NEXT>>