FC2ブログ

富士

2016061900.jpg


山開き前をねらっての
久しぶりになる富士登山。

ご近所隊8名(うち初富士登山4名)
になるため、分割して乗車。

高山に不安のある私を含めた1号車4名は5合目で体を慣らすため
2時に入谷を出発し、4時登山口駐車場に到着。


2016061901.jpg

登山者の他にカメラ女子などが多々で
早朝から結構な入りの駐車場。


2016061902.jpg

2号車4名の到着を待ち、早朝の散歩。


2016061903.jpg

レストハウス前の影富士がキレイでした。


2016061904.jpg

宝永山方面の朝焼け。


2016061905.jpg

2016061906.jpg

2号車無事到着。


2016061907.jpg

8名での山行。
賑やかで楽しくなりそうです。


2016061908.jpg

さぁ出発です。


2016061909.jpg

2016061910.jpg

2016061911.jpg

2016061912.jpg

2016061913.jpg

2016061914.jpg

6合目で準備を整えます。


2016061915.jpg

ここからは自己責任の登山道となります。


2016061916.jpg

2016061917.jpg

2016061918.jpg

新七合目。


2016061919.jpg

2016061920.jpg

宝永山が眼下に広がる高さになります。


2016061921.jpg

八合目近し。


2016061922.jpg

私は毎度毎度の高山病で息があがり、ペースダウン。
対してビギナーの皆々様至って元気です。


2016061923.jpg

2016061924.jpg

お地蔵様、ご無沙汰しております。


2016061925.jpg

2016061926.jpg

2016061927.jpg

九合目。


2016061928.jpg

いつもの私ならすっかり牛歩になる地点ですが
皆さん元気なので無理して追従しております。


2016061929.jpg

2016061930.jpg

2016061931.jpg

九合五勺からは更に斜度が増してゆきます。


2016061932.jpg

2016061933.jpg

平衡感覚もままならず、何とか山頂。


2016061934.jpg

集合して記念撮影。


2016061935.jpg

そして各々は日の丸広げてポーズ。


2016061936.jpg

風が増して、天候も下り坂のようなので
神様がお留守であろう社前でさっとおにぎりを済まし出発。


2016061937.jpg

コノシロ池通過。


2016061938.jpg

2016061939.jpg


2016061940.jpg

日本最高所の剣が峰に向かいます。


2016061941.jpg

2016061942.jpg

2016061943.jpg

青空でないのはちょっと残念ですが到達。


2016061944.jpg

2016061945.jpg

観測所の鉄塔上よりリーダーによる撮影。


2016061946.jpg

一瞬雪が舞い、風が強くなってきました。


2016061947.jpg

下山は分岐を右に折れ、ブル道を行きます。


2016061948.jpg

2016061949.jpg

この1種類のみが沢山咲いていましたが、
こんな高所で咲く花って何なんでしょう?


2016061950.jpg

2016061951.jpg

駐車場はもうすぐです。


2016061952.jpg

無事下山しました。


2016061953.jpg

オマケ
下山箇所に停まっていた山頂まで登っちゃう
働く自動車”ブルドーザー”。


2016061954.jpg


2016061900a.jpg



--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2016/6/19)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約8時間16分
登山口:富士宮口五合目駐車場(無料)
面子:8名(私を含む)
天気:くもり
--------------------------------------------------------


帰りの東名は渋滞。
入谷帰宅後は本日参加できなかった2名を加えて反省会。
富士登山の余韻を肴に飲みまくりました。

皆で行く山もこれまた楽しかったです。




□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
スポンサーサイト



入谷あさがおまつり、近し

7月6日~8日は毎年恒例の入谷あさがおまつり。

発祥の地である当商店会の本年スタッフTシャツが完成。


2016061701.jpg

絵画を嗜む食堂商店主の画伯がデザイン。

さすがです。
なかなか個性的で目立ちます。

磐梯山は盛り沢山

2016061200.jpg


連発の山行になっております。

梅雨入りしましたので天気を見てどこかに行こうと決行。
候補地は平標山か磐梯山。

以前から見てみたかった爆裂火口を見に磐梯山で決定。
福島なので少々ドライブ距離は伸びますが
本日の3名はいずれも現役ドライバー。

遠くたって、渋滞したってコマメにつなげばどこまででもOKでしょ。

3時入谷を発ち、順調に東北道を進み磐越に分岐。
猪苗代磐梯高原ICで下り、裏磐梯スキー場を目指します。



2016061201.jpg

このシルエットを見ただけで既に期待値を上回りました。


2016061202.jpg

歩くルートは上の通り。


2016061203.jpg

人気の山ですが、ほとんどは最短の八方台登山口から登られるため、
こちらの裏登山口は車も数台、見たところ登山者1名でした。


2016061204.jpg

人のほとんどいない静かな山歩きの始まりです。

まだ使い方のよくわからないカシミール3Dによる
登り全区間データは下記↓

2016061205.jpg

距離:3.728km
沿面距離:3.934km
標高差:909m
方位:173.26°
推定時間:3:33:04
累積標高:+897km -15m
見通し:見えます

とのこと。
何だかとっても興味深い。


2016061206.jpg

ゲレンデを登り、振り返ると桧原湖が小さくなってました。


2016061207.jpg

行く手正面に爆裂火口。
裏登山口ならではの絶景です。


2016061208.jpg

距離:1.189km
沿面距離:1.207km
標高:1094m
傾斜:20.5°
勾配:37.4%


2016061209.jpg

2016061210.jpg

火口壁の標。


2016061211.jpg



傾斜がなくなり、少し歩くと右手に池。


2016061212.jpg

おーこれが銅池か、と感動(後、スグに違うことが判明)。
無風であったため、
湖面に風景がクッキリと鏡のように映りしばし見とれる。


2016061213.jpg

距離:1.659km
沿面距離:1.679km
標高:1113m
傾斜:1.7°
勾配:3%


2016061214.jpg

さらに少し行った左手、ありましたこここそが銅沼でした。


2016061215.jpg

2016061216.jpg

息を飲むような絶景。


2016061217.jpg

しばしの記念撮影。
他に人の姿もなく、
貸し切りで池面越しに爆裂火口を臨むチョー贅沢な時間。


2016061218.jpg

水は澄んでおりますが強酸性であるため
露出した岩や底面が自然界にはないような赤茶色。


2016061219.jpg

できることなら周遊してみたい沼ではありますが
残念ながら道はなし。

帰宅して調べたところ、冬には湖面に雪が積もり、
スノーシューで対岸まで行け、
噴いている岩壁が神秘的に黄色く凍る姿が見られるのだそう。


帰りも立寄れます。
歩みを進めましょう。

2016061220.jpg

距離:1.997km
沿面距離:2.018km
標高:1122m
傾斜:9.7°
勾配:17.1%


2016061221.jpg

???


2016061222.jpg

距離:2.649km
沿面距離:2.700km
標高:1296m
傾斜:25.2°
勾配:47.1%


2016061223.jpg

急勾配を登り、


2016061224.jpg

ミヤマキンバイの群落


2016061225.jpg

距離:3.068km
沿面距離:3.235km
標高:1605m
傾斜:48.6°
勾配:113.4%


2016061226.jpg

桧原湖


2016061227.jpg

爆裂 火口縁にて。


2016061228.jpg

天狗岩と櫛ヶ峰


2016061229.jpg

山頂を望みながら花畑を周遊。


2016061230.jpg

弘法清水小屋に到着。


2016061231.jpg

唯一の難点、名山なのに通しでトイレなし。
我々おっさんは大丈夫ですが、お嬢さんたちはちょっとお気の毒。

バイオトイレがあったらいいのにねぇ。


2016061232.jpg

小屋から30分で山頂に到着。


2016061233.jpg

八方台からは団体客も多く、大変賑やかな山頂。


2016061234.jpg

至福のランチタイムなはずが、半端ない虫の大群。
大口開けてると虫も食べちゃうので早々に退去。


2016061235.jpg

祠に礼。


2016061236.jpg

そして吾妻連峰バックに記念写真。


2016061237.jpg

こちらは三角点。


2016061238.jpg

一応山頂標でも。


2016061239.jpg

さぁ、下山です。


2016061240.jpg

珍しいけど何だろう?


2016061241.jpg

満開のタニウツギ。


2016061242.jpg

ウラジオヨウラク。


そしてまたまたの


2016061243.jpg

銅沼。
またしばし見とれつつ休憩。


2016061244.jpg

風が吹いてまた違った風情の名もなき方の池。


2016061245.jpg

無事下山。
とっても充実の山行でした。


2016061246.jpg

2016061247.png


2016061200a.jpg


--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2016/6/12)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約6時間56分
登山口:裏磐梯スキー場駐車場(無料)
面子:3名(私を含む)
天気:晴れ
--------------------------------------------------------



さぁ、今日は東北道。
中央や東名ほどの渋滞はないでしょうから温泉です。

と意気込み、クルマを休暇村裏磐梯に向け走らせます。

すると休暇村間近のところで

とうとう遭遇しました。

2016061249.jpg
(上画像は以前に動物園で撮ったものです)

我々のクルマの先方を横断して行きました。
しかも上画像みたいな可愛げはなく、もっと大型。

山でなくて良かった。


2016061248.jpg

いい湯でした。


超バラエティに富んだ磐梯山でした。

また秋に行きたいです。



□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

電球やら蛍光管のこと

電球や蛍光管の生産中止が続々伝えられております。

当サイト開設当初の1998年から数年前までは、
それらの大量消費に支えられ売り上げも何とか維持できましたが、
国も推奨するLED化で販売は厳しい状況。

家電品全てに言えることで、日々の報道にもありますが
大手のショッピングサイトや量販店は我々以上の在庫数削減に加え、
大幅な商品点数削減を強いられてます。

只今過渡期の真っただ中につき、
昨日あった在庫が本日にはなくなり、
供給不可などご迷惑をおかけする場合がございます。

できる限り早急な回答対応を心がけますので
何卒宜しくお願い申し上げます。

赤城山・自然観察の旅

2016060500.jpg


今日は以前にもご一緒したことがある
業界の先輩方2人と自然観察&山歩き。

当初の予定、大菩薩が雨予報のため
昨日まで幾度か目的地を変え、
何とか降らずにもちそうな赤城山に決定。

前橋まではJRを利用し、駅でレンタカーに乗り換え。


2016060501.jpg

登山口であるおのこ駐車場には十時半に到着。
盛況、かなりの入りで、大きな駐車場がほぼ満車でした。


2016060502.jpg

レンタルしたVitz。
トヨタレンタカーの車はキレイに整備されてました。


2016060503.jpg

嫌な色の雲が沸いてますが何とか降りませんよう。


2016060504.jpg

登山口の標が新しくなってました。
”百名山”の文字が誇らしげです。


2016060505.jpg

名前忘れましたけど、風情なくただうるさく鳴くイヤな蝉。


2016060506.jpg

登山口からは岩場の急登になります。


2016060507.jpg

大沼が眼下に見えると一気に高度を上げたのが実感できます。


2016060508.jpg

程なく赤城最高峰の黒檜山に到着し記念撮影。
予想に違わず、かなりの人出で賑わっておりました。

昼食を摂り、ちょっと先の展望スペースまで歩きます。


2016060509.jpg

2016060510.jpg

2016060511.jpg

展望台からの眺め。
市街地は見えて、時々青空が顔を出します。


2016060512.jpg

2016060513.jpg

ここから駒ケ岳の先までは歩きやすい稜線歩きとなります。


2016060514.jpg

先輩方が必死で野鳥の姿をカメラで追います。


2016060515.jpg

黒檜山大神様に参拝。


2016060516.jpg

2016060517.jpg



(略)

途中、おおるりなる鳥の姿を発見した先輩方は
その姿を画像に収めるため要所で数十分。
私も真似てシャッターを切ってみますが、
NEXの3倍ズームじゃ撮れることもなく・・・

バードウォッチャーの先輩は遠方の大木に眼を凝らし、
もう一人の写真家の先輩はコケの写真を撮ろうと地面を這い、
立ち尽くす私には次々と「何がいるんですか?」という登山者達の質問。
オオルリって鳥がいるそうです、と言うと皆「えっどこどこ?」との反応。
皆さん良くご存知の様子で。

何でも先輩が言うには
コマドリ、オオルリ、ウグイスを日本三鳴鳥と称し、
中でもオオルリは中々珍しいのだそう。


2016060518.jpg

下山後は小尾瀬とも称されている覚満縁なる沼を少々散策。


2016060519.jpg

大沼と違い、スワンボートなどなく
自然でこじんまりとしたいい感じの湿原。

到着から5時間半の散策後は
前橋駅でクルマを返却し、駅前温泉ゆ~ゆで入浴。
駅前にしてかけ流しでお値打ち価格。

汗を流して駅前で呑み。

帰宅したのは22時半。

雨も降らず、充実した一日でした。
こんな山の楽しみ方もアリです。


2016060500a.jpg




□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

| NEXT>>