FC2ブログ

塔の岳・丹沢山(ナイトハイクリベンジ)

先日思わぬ雪にやられ、途中撤退したナイトハイク。
数日前までは本日も芳しくない予報でしたが
降水確率はゼロパーセントに好転。

せっかくの連休です。
行っちゃいましょう!

入谷発0時。
到着までは毎度の1時間を見込んでおりましたが
予期せぬ渋滞で1時間のロスがでてしまいました。


2016050301.jpg

山頂でのご来光には間に合いそうもありませんが
開けた花立までは行けることでしょう。


2016050302.jpg

4:20 辺りが白んできます。


2016050303.jpg

2016050304.jpg

2016050305.jpg

2016050306.jpg

2016050307.jpg

花立の氷フラッグが揺れています。


2016050308.jpg

素敵なご来光です。


2016050309.jpg

2016050310.jpg

前回来た時は凄い勢いで雪が降りだし、ここで下山しました。


2016050311.jpg

花立からの富士山はまだ裾野だけですが今日は大丈夫でしょう。


2016050312.jpg

辺りが陽を浴びて赤く輝いてます。


2016050313.jpg

2016050314.jpg

雲海上にお日様が浮かんでます。


2016050315.jpg

塔の岳の姿が見えてきました。


2016050316.jpg

上のほうはマメ桜が盛りでした。


2016050317.jpg

2016050318.jpg

2016050319.jpg

誰もいない山頂。


2016050320.jpg

画像からは伝わりませんが、風がとっても強かったです。


2016050321.jpg

おにぎりにパクつき、今日は猫の姿がないな、
と思っていると下の方から狼のような遠吠え。

すると山荘側から猫が現れ、お馴染みのチャンプが上がってきました。


2016050322.jpg

周囲に人もいないので、チャンプだ、と言ったところ
寄って来て記念撮影に応じてくれました。


2016050323.jpg

そして、名刺作ったからやるよ、
と下さいました。


2016050324.jpg

写真ではわかりずらいですが、
この頃から肉眼では富士山くっきりでした。


2016050325.jpg

時間も十分あるので丹沢山目指して歩き出します。


2016050326.jpg

ずっと左手に富士山をみながらの大好きな尾根道歩きです。


2016050327.jpg

マメ桜のトンネル。


2016050328.jpg

2016050329.jpg

ソーラーパネルが見えて来ると丹沢山山頂です。


2016050330.jpg

あとになって気付きましたが、まだヘッドライトしてます。


2016050331.jpg

丹沢山山頂は風もなく穏やかでした。


2016050332.jpg

再びのおにぎりタイムを終え、
塔の岳に向け戻ります。


2016050333.jpg

2016050334.jpg

2016050335.jpg

2016050336.jpg

2016050337.jpg

昼寝ポイントの竜が馬場。
大山もくっきり望め、休みたいとこですが
一人を塔の岳に残して来ているので通過します。


2016050338.jpg

塔の岳への登り返し。
グッときますが、ここを登ればあとは下るのみです。


2016050339.jpg

2016050340.jpg

再びの塔の岳。


下山時、9時過ぎからは嫌気がさすほどの登山者数。
年中人気の山ですから仕方ありません。


2016050341.jpg

11:30、本日も無事に下山。


2016050342.jpg

クリステル。


2016050343.jpg

キャサリン。


2016050344.jpg

2016050345.jpg

入谷着は14時前。

当然のごとく、かっちりたっぷり飲みました。


2016050300a.jpg



--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2016/5/3)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約9.5時間
登山口:大倉バス停前民間駐車場(\800)
面子:3名(私を含む)
天気:曇り時々晴れ
--------------------------------------------------------






□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
スポンサーサイト