FC2ブログ

浅間山~でかかった

2014083100.jpg



相変わらず天候の不安定さ極まりなく、
週半ばからはず~っと天気予報とにらめっこ。

で、金曜には関東甲信越全滅って感じで、
一旦はあきらめかけたんですがね・・・

土曜になると関東甲信越(つまりは日帰りから何とか日帰り圏内)
の日曜の予報が曇り空に好(?)転。

今回可能な3名で討議した結果、
予定候補地ナンバーワンの浅間山で決行。

3時入谷を出発し、練馬IC-(関越-上信越)-小諸IC を通り
浅間山荘駐車場(有料:\500)には6時に到着。

2014083101.jpg

ここが有名な浅間山荘です。
もちろん当時の面影はないでしょうが。

2014083102.jpg

準備を整え、6:20登山を開始します。

2014083103.jpg

要約すると
”前回の噴火は全く前兆なしに起こり、
3km離れた地点でも直径1m重さ数トンの岩石が多数着弾した。
毒ガスも発生するのでとにかく自己責任。”云々。

2014083104.jpg

”只今は平常レベルなので前掛山まで入山可能。
火口から500mは立ち入り不可。”

2014083105.jpg

活火山らしい赤土を踏みながら、
まずは出だしに丁度良い優しい傾斜を歩きます。

2014083106.jpg

硫黄臭漂う登山道脇の川は真っ赤っ赤。
もちろん魚は住めないでしょう。

一の鳥居からは不動滝コースで二の鳥居を目指します。

2014083107.jpg

不動滝 通過。
紅葉の頃は素敵でしょうね。

2014083108.jpg

二の鳥居。

2014083109.jpg

かもしか平通過。
残念ながらかもしかとの遭遇はできませんでした。

2014083110.jpg

トーミの頭ですかね(?)。
おとなしい樹林帯歩きから一変、
荒々しい岩峰が現れます。

2014083111.jpg

この尖ったのは牙山(ぎっぱやま)というそう。
最初は先端に雲がかかっていたので、
姿を現した時には圧巻されました。

2014083112.jpg

2014083113.jpg

8時、登りの中間地点である火山館に到着。
右横には浅間神社がありました。

2014083114.jpg

火山館地下のシェルター。
いつでも入れるよう解放されてます。

2014083115.jpg

火山館向かって左脇のトイレ棟。
チップ制 \100。
ありがたいです。

2014083116.jpg

湯の平、賽の河原分岐と通過します。

2014083117.jpg

ガスの中、未だ全貌が見えません。

2014083118.jpg

それでも勤勉に歩みを進めていると

2014083119.jpg

ドーン!

2014083120.jpg

光が差し込み、ガスが晴れて、ビックな砂山が現れました。

2014083121.jpg

ここからまだ300mは登ります。

2014083122.jpg

つまりはかなり辛い最後のキツイ詰めってことですね。

2014083123.jpg

ブログでよく見るシェルターが見えてきました。

2014083124.jpg

あとひと息です。

2014083125.jpg

向うに浅間山の最高峰 釜山(2568m)があります。
スグソコではありますが立ち入りはできません。

2014083126.jpg

ルールを守って
現在浅間山山頂とされている前掛山に向かいます。

2014083127.jpg

2014083128.jpg

頑丈そうなシェルターが設置されています。

2014083129.jpg

間もなく壮大な景観が広がります。

2014083130.jpg

ここからは日本離れした天空の稜線歩きです。

2014083131.jpg

岸壁を行く我隊の二人。

2014083132.jpg

壮大なるウイニングランです。

このスケール感には驚きました。

2014083133.jpg

2014083134.jpg

10:10 浅間山(前掛山)山頂 2524m着。

霧が晴れるのも待ちつつおにぎりタイム
としましたが、気温6度。
なのに砂地に座るとあたたか(気のせいじゃないハズ)。

辺りはますます白くかすみ、
眺望は期待できそうもないのでそそくさと下山の途となりました。



火山館裏はかなりのお花畑状態でした。

2014083135.jpg

ミヤマアキノキリンソウ

2014083136.jpg

マツムシソウ

などなど

帰宅して調べてわかったのですが、
浅間山は活火山にして高山植物の宝庫なのだそうです。

2014083137.jpg

2014083138.jpg

せっかくガスを背負って行ったので、
再び火山館前にてコーヒー休憩。
ここでは飲料水も汲むことができます。

2014083139.jpg

朝晩はかなり冷えるのでしょう。
すでに秋色に色づいた紅葉がありました。

火山館の館内は暖房されてました。

2014083140.jpg

13:10 無事下山完了。

2014083141.jpg

駐車場脇には観光乗馬用の馬が2頭用意されてました。


2014083142.jpg

帰りは市営の温泉施設
「あぐりの湯こもろ」へ。
浅間連峰が望め入湯料 \500。
コストパフォーマンス抜群でした。


浅間山、また機会があればリピートしたい山でした。



2014083100a.jpg



--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2014/8/31)
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約6時間50分
登山口:浅間山荘駐車場
面子:3名(私を含む)
天気:曇り 時々 晴
--------------------------------------------------------





□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
スポンサーサイト



盆休み~ヤマニモイケズ

盆と正月、
我々零細業者にとっては
堂々と連休がとれるありがたい時期です。

今年はのろのろ前線のお蔭で、
計画は丸つぶれでした。

山計画は甲武信か東北あたりと北アルプスの
2度を予定しておりました。
これだけ事故が多発したのを思うと
行かずに正解だったといえます。

全国的に荒れた天候で、
安定していたのは首都圏だけでした。


初日はかみさんと近場でショッピング。
横浜のアウトレット~横浜で昼飯~川崎のコストコ
と巡りました。

2014081301.jpg

ホント、最近、自分的には買うものがないんですね。
先立つものも乏しくはありますが・・・

2014081302.jpg

アウトレットではただただボーっとアリーナを眺め、
「クルーザー持ってる金持ちはこんな日に
沖へ出れて気持ちいいだろうなぁ」
などど呟きつつ、お茶を飲み、腰かけてました。
日陰では風がとても心地よかったですね。

2014081401.jpg

あとは恒例の身辺整理ですね。
古~い雑誌など一読して廃棄しました。
90年代のオーディオ本は隅々まで再読しちゃいました。

振り返ってばかりではいけませんが、いい時代でした。
今のようにネットがなかったので、
ちょっとした情報を得るにも手間と工夫が必要でした。


2014081601.jpg

16日はご近所隊で歩いて来ました。
天気の良いのは東京だけでしたので、
相模湖駅から高尾山陵に入り、
明王峠経由で高尾のビアマウントまで。

この時期の低山はとても暑く、辛いものがありますが、
都会でかく汗とは異なり、良い運動になりました。
ビアマウントは相変わらずの大流り。
たっぷり汗した体に流し込むビールは最高でした。


いつまでこんな不安定な天気が続くのでしょうか?


まだまだ行ったことがなく、年内に行きたい山が沢山あります。
●甲武信ヶ岳
●浅間山
●巻機山
●越後駒ケ岳
●磐梯山
●天狗岳

そしてリピートしたい山があります。
●富士山
●八ヶ岳
●丹沢主脈

挙げただけでも休みは足らんです。