FC2ブログ

ロードスター

ようやく長~いショッピングシステムの乗換作業
にも終わりの目処がたってきました。
もうすぐ、単調な夜間作業から脱却できそうです。


2014042901.jpg

今日は10年前のユーノスロードスター
を借りて乗る機会がありました。

2014042902.jpg

結構いじくられている様子。

運転してみれば老いた頭をさらす恥しさなどなく、
ライトウエイトで走りが凄く楽しい。

車の楽しさはパワーじゃないと実感させられます。

2014042903.jpg

車は持たず、たまにレンタカーのフィットやビッツ、
買うならプリウス、
と思っている若い方にこそ一度体感してみて欲しい。

ホント、楽しいですよ。
スポンサーサイト



搭の岳・丹沢山 (バカ尾根ピストン)

2014042700.jpg



ソロでの山行でした。

ですんで、少々詳細めのレポになります。
画像軽いですが、枚数多いです。

2:30 起床。
家族にご迷惑をかけぬよう、忍び足にて玄関を開け、
車を出し、3:00 首都高入谷ランプより出発。

東名高速 秦野中井出口 3:35。
途中コンビニにてカフェをとり、

2014042701.jpg

大倉バス停着 4:05。

2014042702.jpg

公営のPは8時過ぎからなので、向かいにある24H Pに駐車。
この時点で約5割、20~30台程度の入り。

2014042703.jpg

ゆっくり着替え、辺りが白んできたので
5:00
急峻な登りが連続する大倉尾根(通称:バカ尾根)ルート
でコースタイム約10時間のピストン登山を開始します。

2014042704.jpg

山旅ロガー ON。
あとの行程記録は任せます。

2014042705.jpg

単独なのでバスロータリーの投函ポストに
真面目に登山届けを提出します。

2014042706.jpg

舗装路を少し歩き、ここからです。

2014042707.jpg

おお、こちらが噂の 丹沢クリステルさん ですね。
おもてなしに感謝し、行ってきま~す。

2014042708.jpg

怖いです。絶対お近づきになりたくないです。

2014042709.jpg

寄せせ付けないよう、靴にはしっかり”ヤマビルファイター”を噴射し、
付いた際には徹底的にやっつける塩と
ソロの場合の相方”くますずにゃん太郎”殿を持参しました。

2014042710.jpg

6kmで1200m上がっちゃう。
数字に疎い私ですが心して臨みます。

2014042711.jpg

朝焼けの中、
いつものように日頃の悩み事など抱きながら足を進めます。

2014042712.jpg

とにかく、登山道が良く整備されています。
道標もしっかりはっきりあります。

2014042713.jpg

○○経由、はきっと遠いと思うので左を選択します。

2014042714.jpg

5:45 平常心で見晴らし茶屋 を通過。

2014042715.jpg

でました、急登。

2014042716.jpg

確かに整備はされてるんですが、とっても急登。

2014042717.jpg

待ってろ山頂!と意気込んでも急登。

2014042718.jpg

自分を律して、

2014042719.jpg

6:25 駒止茶屋 を通過。

2014042720.jpg

6:35
おお、いつの間にかこんなに来たじゃないかと励まし、

2014042721.jpg

6:45 堀山の家 を横切る。

2014042722.jpg

変わらず続く急登の中、度々覗かれる御大に見守られ、

2014042723.jpg

日頃の考え事もすっかりふっ飛び、空は青空、頭は空っぽ。

2014042724.jpg

そして時にはガラガラのガレガレ。

2014042725.jpg

ちょー単調にひたすら畳み掛けてくる急登。

2014042726.jpg

それでも残がこの位になると
近所で歩いたらどれ位とか安易な想像をするが、

2014042727.jpg

近所でこんな登りはありましぇーん。

2014042728.jpg

かなり辛そうな足運びで抜いて行かれた方がおりました。
オイラも頑張らなくっちゃ。

2014042729.jpg

振り返れば雲ひとつない山景色。

2014042730.jpg

が、向かうのは先が見えないキューな天への階段。

2014042731.jpg

もう勘弁してくれぇ~、とつぶやき、自分撮。

2014042732.jpg

7:35 花立山荘 1300m 通過。

2014042733.jpg

まだあと標高差で200m位。
どうなってんだ、この山は。

2014042734.jpg

余談ですが、
途中途中の山小屋にはそれぞれトイレ(チップ製\100)
がありました。

ありがたいことです。

2014042735.jpg

登りきったか、と思うとまたまた山頂らしき姿。

2014042736.jpg

ハイハイ、もう騙され慣れました。

2014042737.jpg

どうせまた上にあるんでしょう、とぼやくと、

2014042738.jpg

じゃーん、
8:00 塔の岳山頂(1491m)着。

2014042739.jpg

開けた山頂は素晴らしい景色です。

2014042740.jpg

初めて来たわけですが、
どのサイトでみても物凄い人だらけの風景だったので
早出したことを大変おトクに感じました。

2014042741.jpg

たっぷり1時間弱休み、
いろんな方とお話をし、
最高のおにぎりタイムを満喫しました。

2014042742.jpg

さてさて、ここからどうするかです。
登る際に決めていたんです。

塔の岳までの行程が
①4時間を超えていたら下山、
②4~3時間までなら丹沢山まで延長、
③万が一3時間以内ならさらに蛭ヶ岳まで延長を検討、と。

2014042743.jpg

9:00 結論出ないので既定の丹沢山まで足を伸ばします。

2014042744.jpg

塔の岳から丹沢山までの尾根道こそが丹沢の素晴らしさ、
とネット情報で多々あがっておりました。

どのコースを辿っても、
ここまで上がらねば味わえない素敵な稜線歩きです。

2014042745.jpg

でもやっぱり要らない階段があるんです。

2014042746.jpg

笹越しの富士山もとっても素敵です。

2014042747.jpg

うんざりしますが、

2014042748.jpg

塔の岳から丹沢山は2.6km、コースタイム60分、
なので許せます。

2014042749.jpg

ソーラーパネルが見えてきました。

2014042750.jpg

9:45 丹沢山到着です。

2014042751.jpg

なるほど、殺風景な山頂ではあります。

2014042752.jpg

30分の休憩をし、考えましたが

2014042753.jpg

結構ダメージあるんで蛭ヶ岳行きは断念しました。

2014042754.jpg

当初の目標は達成しました。

10:20
今度は東名の渋滞にかからぬことを目標に全力で下山します。

2014042755.jpg

人だらけになった塔の岳を経由し、
無心で下ります。

2014042756.jpg

明るくなった下界は何となく夏模様。

2014042757.jpg

下山、無事完了しました。


夕方で混んでいれば温泉入ってお土産買って・・・
と思っておりましたが、今なら家まで100分コース。

急いで着替えて滞りなく帰宅。

夜は別方面へ行った皆さんと合流し、旨い酒を飲みました。

足に負担が過剰だったため、
ストックに頼り上半身を駆使したので全身ガタガタになりました。



2014042700a.jpg


--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2014/4/27)
登山口:大倉バス停前民間駐車場(\800)
面子:ソロ
天気:晴れ
--------------------------------------------------------



□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

筑波山~秘密の花園2014

2014042000.jpg



睡眠不足の日々は相変わらず続いておりまして、
この週末は天候も芳しくない。
そして夜には会合。

そんな中、昨日土曜日、「軽く行く?」との提案。
デスクワークで鈍った体にも優しい筑波山に行ってきました。

「カタクリの花まつり」が開催中。
思えば昨年も同時期にカタクリの花を見に行ったのでした。

登山道で皆さん群がって立派なカメラで撮影をしておりました。


2014042001.jpg

我々は昨年隊長に連れて行っていただいた秘密の花園で観賞。

2014042002.jpg

誰も来ません。

2014042003.jpg

踏む場所を探しながら歩くほどの内緒のお花畑。

花には興味がない私ですが、
プレミア感に満足させられます。



2014042004.jpg

がま大明神も春色に彩られてました。

2014042005.jpg

空飛ぶガマは恐らくホントに飛び立ちそうだったのでしょうか、
強固にワイヤーで固定されてました。



評判のアンドロイドアプリ、
山旅ロガーと地図ロイドをインストールし、試してみました。

2014042006.jpg

地図に疎い私ですが、少し勉強すればかなり使えそうです。
スマホがカタログスペックを上回り、
3日を超え電池持ちするので気兼ねなくソフトが使えます。





□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

近況

予想通り、4月に入ってからは売り上げがぱったり・・・。

いい機会と考え、システムの見直しをおこなっております。

2014041301.jpg

キチンと前から win8 のパソコンは用意しておいたわけですが、
結局周知した XP機 に頼り切っていたところ、何とサポート終了。

時期が重なり、よくわからんOSで膨大な量の入力作業。
毎夜作業場にこもり、ボヤキながら
大変体に悪い日々を過ごしております。


折角の晴天の休日ではありますが、
そんなこんなで、
本日は山に逃げることもできませんでした。

2014041302.jpg

隅田川では早慶レガッタ開催中。
スカイツリーのふもと、気持ちよさ気に浮いてます。

2014041303.jpg

午前中に散歩がてら通ったのですが、
まだ前座(?)的レースなのに人がわんさか。
夜、報道で見るとメインの午後は凄い人だったようで。

2014041304.jpg

ソメイヨシノは終わり、八重桜(?)ってんですかね、
きれいでした。


車で買い物など済ましたあと、体がなまってはいかんと、
スタッドレスから夏用タイヤへの交換作業。
昔はこまめに良くやったもんです。

2014041305.jpg

おおおっと。
今の車はスペアタイヤ積んでない
のは承知しておりましたが、何とナット回しも積んでない。

所有のラチェットレンチは
タイヤのナットをつかむには浅すぎたため、
2本を替えたところでレンチ本体がパッキ~ン。

それでもタイヤ側でなく
道具破損で済んだので良かったじゃないか、
と自分に言い聞かせ作業を終えると外は闇。



寝ている間に小人が出てきて朝起きると全て終わってる、
なんてわけないですよね。

いつになったら終わるのだろう。

沼津アルプス

2014040600.jpg



以前から一度行ってみたかった
”沼津アルプス”なる連続する低山を歩いてきました。

2014040601.jpg

本日の天候は全国的に悪。
静岡は曇のち雨か雪という予報。

が、しかし、目覚めてテレビのデータ画面で
沼津市のピンポイントをみると、
昼間は曇でなななんと降水確率ゼロ%。

2014040602.jpg

今回同行の4名でくだらない話をしていると
東海道線の2時間も苦にはならず到着。

熱海以西はJR東海管轄となるため、
スイカが使えないんですね。

駅から登山口のある多比までバスで移動。

2014040603.jpg

バス停から登山口までの道が不明瞭だったため、
地元のお嬢さんに道を尋ねると登山口まで同行して下さり、感謝。
その上ご自身で育てたネーブルを各人頂戴し、重ねて感謝。

後で口にしたところ、絶品のうまさでした。
本当にありがとうございました。

2014040604.jpg

で、こちらから歩き出します。
全ての行程にこの様な味のある道標が立てられています。

2014040605.jpg

果物やジャムが無人販売されています。
これ程うまいなら買っときゃよかった。

2014040606.jpg

海を見ながらの山歩き。

2014040607.jpg

つい先日、皇太子様が歩かれたと報じられた道です。

2014040608.jpg

箱根や金時山方面でしょうか。

2014040609.jpg

200~400m程度の低山ではありますが、
全体的に急登なアップダウンが連続します。

2014040610.jpg

9:30 桜が満開の鷲頭山山頂。
穏やかな日差しの中、おにぎりタイムしました。

2014040611.jpg

小鷲頭山よりの駿河湾。

2014040612.jpg

全隊員、頭の中は港のグルメ。

2014040613.jpg

下山後の生シラスが楽しみです。

2014040614.jpg

2014040615.jpg

11:30 志下山着。

2014040616.jpg

12:30 徳倉山に到着。
愛鷹山塊の裾が見えますが
残念ながら富士の雄姿はなし。

ここから沼津港に向け下山。
流しのタクシーなど通るはずもなく、
ひたすらに徒歩で1時間。

沼津市場のさすよ亭にて
お目当ての 魚、肴、ビール、酒、焼酎、生シラス丼
をしっかり食し、干物を土産に帰宅。

たまにはこんな盛り沢山な山旅もアリでしょう。





□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

| NEXT>>