FC2ブログ

四阿山~根子岳

2012072900.jpg



私のリクエストでした、四阿山(あづまやさん)。

2012072901.jpg

数々のガイドブックで、誰でも登れて、
爽快な尾根、豊かな花畑・・・などなど
魅力が語られている百名山で行ってみたいと思っていたんです。

2012072902.jpg

駐車場から少し歩くと、四阿山登山口。

2012072903.jpg

ほどなく沢を渡り、クマザサと白樺の登山道を行きます。

2012072904.jpg

小四阿を越え、中四阿へはキモチの良い稜線歩きです。
菅平高原を眼下に観ながら行きます。

2012072905.jpg

根子岳との分岐を越え、
木段を登りきれば祠がある山頂です。

2012072906.jpg

山頂は嬬恋側からゴンドラでくる方々もおり、
混雑しておりました。

いつものように証拠撮影。

2012072907.jpg

ほんとはここから名山、名峰が多々望めるはずでしたが、
夏空の下、煙ってガスも上がってきて、
遠景は見えませんでした。

2012072908.jpg

根子岳方面の展望、
素晴らしいからええじゃないっすか。

2012072909.jpg

分岐地点へ戻り、根子岳を目指し、
これでもかという程急降下してゆきます。

クマザサ樹林帯の無風地帯は、
あまりの暑さで、とても辛かったです。

時期のせいでしょうか、
冒頭の「誰でも登れて」は偽りありでした。
やはり百名山、侮れません。

2012072910.jpg

やがて
振り返れば先程登った四阿山のピークが望め、
前には目指す根子岳への大草原が飛び込んできます。

2012072911.jpg

思えばこんな大草原を登るのが、
山行をする以前に自分自身で描いていた
登山のイメージでした。

2012072912.jpg

根子岳山頂の混雑を避け、ピーク付近の岩場で昼食。
ナイス判断でした。

2012072913.jpg

花で有名な山だけあって、前回の尾瀬をも凌ぐ
豊富な種類が咲き乱れておりました。
花目当ての我隊隊長はシャッターをきりまくっておりました。

結構な数いました。
アサギマダラ。
もしかしたら沖縄や台湾から飛んできたのかも。
そしてこれからどこまで旅するのでしょうか。

2012072914.jpg

眼下の牧場を目指し、一気に下って行きます。
ここも花だらけの下山道でした。
これだけ鹿にやられてないってのは
余程うまく間引いているんでしょうか。

2012072915.jpg

下山後に食べた牧場のブルーベリーソフト、
最高に旨かったなぁ。


□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
スポンサーサイト



尾瀬~至仏山

2012071600.jpg



当初の予定では、昨日登る予定だったんです。
が、天候がスグれん、ということで、
一日延期し、本日の山行となりました。

行ってみたかったんですよね、尾瀬。

2時am、入谷を2台に分乗し出発。

沼田インター経由で戸倉第一駐車場に駐車。
乗り合いタクシー(片道\900)で鳩待峠へ。

2012071601.jpg

鳩待峠からゆったりと
尾瀬らしい景色の木道を下っていきます。

2012071602.jpg

花が咲き乱れているトップシーズンだそう。

2012071603.jpg

山の鼻着。

2012071604.jpg

ビジターセンター脇の至仏山荘。

2012071605.jpg

至仏山 2.9k の道標。

2012071606.jpg

歩きやすく素敵な尾瀬的風景。

2012071607.jpg

ワタスゲ(?)と言ってましたかね?

2012071608.jpg

ニッコウキスゲ。
これは有名ですね。

2012071609.jpg

尾瀬ヶ原と燧ケ岳、会津駒ケ岳(といっていたか)
を見ながら高度を上げていきます。

2012071610.jpg

標高1900mあたりで森林限界を超え、
直射日光が肌に照り付けます。

2012071611.jpg

ちょろそうに見えますがこの蛇紋岩という岩、
たいへんよく滑ります。
歩きにくいです。
天候選んで今日にしておいてホント良かった。

2012071612.jpg

石楠花(?)。
帰宅して調べましたが定かではありません。

2012071613.jpg

タニウツギ? イワカガミ?
あっしにゃわかりません。

2012071614.jpg

間もなく山頂。

2012071615.jpg

混んでました。
記念撮影は順番待ちです。

2012071616.jpg

新潟方面だそう。
中々立派な山がたくさんあるんですな。
越後三山ダゾ、と見知らぬおじさんが説いていました。

2012071617.jpg

山頂での飯は旨いですね。

2012071618.jpg

尾瀬ヶ原と燧ケ岳方面です。

2012071619.jpg

この穏やかな稜線がたまりませんな。

2012071620.jpg

小至仏山頂。
同じく混雑してました。

2012071621.jpg

小至仏山からの下りに一部雪渓。
涼し気です。

2012071622.jpg

いやー、平和で楽しい山行でした。

きけば東京はこの日の気温三十数度。
脱出して良かった。


banner.gif





□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

富士山 本

チョー暑い日々が続いております。
高くて涼しいところに行きたいですね。

2012071401.jpg

で、気分だけでもと
富士山3部作、ここ2週間で一気に読みました
(基本的に私、読書はしません)。

1.まいにち富士山/佐々木茂良 著

 初富士登山でご本人を拝見しました。
 もうスグ1000回の登頂達成とのこと。
 笑いアリ、感動アリ、スリルありで、
 富士山の魅力が満載されていました。
 オススメの1冊です。

2.ぼくの仕事場は富士山です/近藤光一 著

 何かのテレビドキュメントで富士山ガイド
 の代表としてとりあげられていたのを見た
 覚えがあります。
 佐々木さんの著書とは違った切り口で、
 ガイド業としての富士山に関する知識
 なども豊富に詰め込まれた1冊でした。

3.登ってわかる富士山の魅力/伊藤フミヒロ 著

 スキーで滑走したり、
 ついにはパラグライダーで飛行下山する
 という多彩な魅力の詰まった一冊でした。

どれも富士山の魅力という点では
登山のガイドブックを遥かに
凌ぐ内容の著書でした。

重ねれば高山病は克服できるようなので、
秋には必ずリベンジしたいと思います。
富士山の高度には先日すっかりやられましたが、
思えば山歩きをはじめた頃には2千メートルでも
まいっていた私です。

地道に楽しく行きましょう。

■ホクリツ電機 webshop

あさがおまつり

昨年は自粛で中止となりました。

当地入谷の代表イベント
本家”入谷あさがおまつり”。

今年は予定通り開催されました。

今年も当商店街、あさがお売り場
のお手伝いをさせていただきました。

2012070601.jpg

好評の
あさがおロードが販売するあさがお、
今年もたいへん良く咲いておりました。
ここの販売所のあさがおは、
□咲く花の色4色がわかる。
  (種まきから選別されています)
□砕くと土にかえるエコ鉢を用いている。
  (販売されている多くはプラスチック製です)
□あんどんも竹製でエコ。
  (販売されている多くはプラスチック製です)
など、ちょっと見ではわからないコストが
かかった逸品で、数多くのリピーターの
皆さんにご購入いただいております。

恐れ入谷の鬼子母神前。
2012070701.jpg
雨が降ると瞬間に客足はにぶりますが

晴れるとこの人出。
2012070801.jpg
夏の風物詩です。

■ホクリツ電機 webshop

笠取山

2012070100.jpg



梅雨で予報も優れない真っ只中、勤勉なご近所隊4名で
奥秩父 笠取山(1953m)へ行ってきました。

ここは何でも多摩川の水源の山、とのこと。

2012070101.jpg
作業平口地図看板

今回、全く地図も見ず、予習もせず、人頼りに登ったため、
各画像の地名がわかりませんが悪しからず。

2012070102.jpg

2012070103.jpg

ガスっててジュラシックな雰囲気の中、マイナスイオンたっぷりの
森を行きます。

2012070104.jpg

2012070105.jpg
「水干」
東京湾まで138kmらしい。
水の流れは確認できませんでしたが。

2012070106.jpg
山頂標
山梨百名山の文字。
雨が降ってきましたが、うれしげに記念撮影。

2012070107.jpg
山頂展望
「あれが大菩薩、そこが雲取で・・いい景色だ。」
「ウんウん」
隊員の説明に耳を傾け、皆うなずきました。
もちろん目の前は真っ白です。


分水三角石柱
ここから富士川、荒川、多摩川へと別れ注いでいるらしい。
長い長い旅路なんですね。

2012070108.jpg
多摩川方面

2012070109.jpg
荒川方面

2012070110.jpg
富士川方面

2012070111.jpg
笠取小屋
営業されてました。

眺望こそありませんでしたが、雨でも全くぬかるんでおらず、
整備された歩きやすい樹林帯はこの時期にも
ぴったりのO隊員グッドチョイス。

帰路途中、
2012070112.jpg
大菩薩の湯で入浴。
良い温泉でした。


入谷着15時。
またまた飲み処なく、不参加面子も加え、上野へ。
疲れた体に染み入る酒が
今宵も隅々までいやしてくれました。


■笠取山(wiki)
■大菩薩の湯



□ ホクリツ電機 web shop


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ