FC2ブログ

もうすぐ

もう5月も終わりですね。

当店ページも相変わらずと思われるでしょうが、
実は今年は管球類の大きな改編があり、
正月依頼ずーっとコツコツやってきたんです。

2012053001.jpg

ようやくもうすぐ終わりそうです。
長い作業でした。

具体的にはですね、
①電球(白熱電球)の大半が廃版になりました。
②蛍光灯の主なるものが値上げになりました。
③蛍光灯のラインナップもだいぶ絞られました。

な~んだと思われるかもしれませんが、
ヒジョーに面倒でやっかいな作業なんです。
ただ減らして価格を変えるというだけでは済まないんです。
メーカーごとにその時期がずれていたり、
やってると画像も変えてみたくなったりして。

単品で購入できるランプもかなり増やしたつもりです。
ご利用いただけるとありがたいです。
スポンサーサイト



再び十二ヶ岳

2012052700.jpg



昨秋、10月30日に楽しかったので再び行ってきました。
今回はご近所隊5名での山行。

こういった大人のアスレチックなところを
皆でワイワイと行くのは楽しいですね。

今回はデジカメが故障中であったため、
あまり画像がありません。

2012052701.jpg

毛無山山頂。
山頂標が抜け落ちていたので、抱えて記念撮影。

2012052702.jpg

数々の鎖場とロープを行くと十二ヶ岳山頂。

2012052703.jpg

2012052704.jpg

下山後は前回同様 いずみの湯 でひとっ風呂。

常に小仏渋滞を念頭におき、
急いで帰宅すると14時過ぎ。

飲み屋はとーぜんやってません。
でもかっちり飲りました。

蛍光管形LED

たまにはでんきのお話。


毎日毎日話題にのぼるLEDについてです。
電球形のLEDについては、さほど問題もなく、
当店でもそれなりに積極的に販売しております。

問題なのは蛍光灯形のLEDです。
当店では、信念をもって(少々大袈裟ですが)
先日まで販売を見送ってきました。

電球形が広く認知された今、
「店頭でも蛍光灯のLEDくださ~い」
とよく言われます。

ご存知ある方が少ないようですが、蛍光灯(直管)形
のLEDには注意点がいくつもあります。


--------------------------------------------------------------------------------

1.改造工事が必要な直管形LED

 蛍光灯の器具には全て、安定器という装置が内蔵されています。
 読んで字の如く、安定した点灯をさせるための装置ですが、LED
 の点灯にはこいつが 不要となります。
 これを外して、ランプに直結させなければなりません。
 この配線につきましても、方式が一定ではなく、
 代表的なもので、

2012052501.jpg
(図1)片側2ピン(+と-)それぞれに100Vを直結する方式

2012052502.jpg
(図2)両側のそれぞれ+1ピン、-1ピンに100Vを直結する方式

 などがあり、正確におこなわないと
 感電や破損の危険がともないます。
 ”電気工事士による工事が必要です。”
 と記してあるのは国が定めた基準です。
 
 電気工事士により正しく施工されたとしても、
 ランプ交換が必要となった場合が不安です。
 図1と図2のランプは似て非なるものです。
 全く同規格のものでないと点灯しません。
 内部の改造なので、外観は他の蛍光灯器具と同じため、
 臨時に蛍光灯を付けるなどの行動も危惧され、
 重大な事故を招くこともあり得ます。

2.工事が不要な直管形LED

 これはちょっと待った、ですね。
 つまりは不要な安定器に電流が流れているということで、
 省エネの意味が薄れますし、安定器がLED自体より
 早く寿命を迎えることが予想されます。その際に蛍光灯
 用の安定器を交換修理するかと考えると、疑問です。
 また、工事不要タイプは安定器の種類により、ランプを
 選択するようになっており、
 ○FL40用 ○FLR40用 ○FL40/FLR40兼用
 ○インバーター点灯用 ○手動切替式
 などご自身で判断して購入せねばなりません。




でここからは前向きなお話。
新規格に適合したLEDを選びましょう。
器具本体の交換が必要ですが、安全、安心、省エネな
直管形LED専用の器具が著名メーカーから
続々お求め安い価格で発売されております。
今後はおそらくごくごく標準的に選ばれることでしょう。

ソケットそのものが新規格なため、
誤装着などの不安がありません。

2012052503.jpg
↑給電口金ソケット
2012052504.jpg
↑アース端子側口金ソケット

新規格JEL801・・・お求めの際はご確認を。

私的には
お使いの器具が FHF蛍光管 に対応したものであれば、十分に省エネな商品であり、
器具の寿命を迎えるまではLEDへの交換は不要ではないかと考えます。

以上

長くなりましたが、本コーナーの主旨に則り、
発言に責任は負いませんのでご参考まで。

またまたクマ本

先日も登場した
クマ好き隊員 I氏 より読むよう命ぜられた
ウエンカムイの爪。

2012052401.jpg

ヒグマの本を続けて3冊も読のでしまうと
北海道の山は恐ろしくて登れなくなります。

小野照崎神社例大祭

昨年、震災で中止となった例大祭が
滞りなく終了しました。

2012052001.jpg

三社と同日に毎年開催される地元
小野照崎神社のお祭りです。

2012052002.jpg

町会神輿を多数連ねて、都道を行き、
国道を連合で横断渡御する様は中々圧巻です。

2012052003.jpg

今年は9基が連なりました。

終わったあと、お馴染みの皆で飲む酒は旨いです。

2012052004.jpg

お疲れ様でした。
今年は名残惜しんで、ホント良く飲みました。

リンク
小野照崎神社-Wikipedia

| NEXT>>