FC2ブログ

西丹沢 檜洞丸

2011112800.jpg



ご近所隊の I隊員と二人山行で西丹沢、檜洞丸に登って来ました。

入谷発はお決まりの4時。

2011112701.jpg

登山口駐車場となる西丹沢自然教室到着は日の出前。

2011112702.jpg

着替え、準備を済ますと辺りが白んで来て、
予定通りの6時半、登山スタート。

2011112703.jpg

往路は展望台側から山頂を目指します。

2011112704.jpg

下部のみでしたが、ゴーラ沢出合までの沢沿いは紅葉しており、
気持ちの良い歩き出しでした。

2011112705.jpg

2011112706.jpg

2011112707.jpg

ゴーラ沢出合からはお決まりの鎖場あり、
富士景色ありの快適な登山道でした。

2011112708.jpg

山頂が近づくと足場良く、木道が整備されておりました。

2011112709.jpg

木道脇には風力&ソーラーのこじんまりした発電設備が
置かれていました。

2011112710.jpg

山頂着はほぼ予定通りの9:30。

2011112711.jpg

風が強かったせいか、体感温度は2度位でしょうか?
他の皆さんは記念撮影を終えると
そそくさと下山して行きました。

2011112712.jpg

ありがたいですね、ガスは。
暖かいものがほんとに旨いです。
調理する訳じゃなく、お湯を沸かしてカップ麺に注ぎ、
食後珈琲を一杯飲むだけですが、
素敵なランチタイムです。

2011112713.jpg

下山は犬越路経由のコースを行きました。
こちらは往路とは異なり、
たっぷりと歩きでのある道中でした。
富士山を見ながらの爽快な山歩きです。

2011112714.jpg

富士の左(南方向)には特徴的な愛鷹山塊が見えます。
この角度だとこんなふうに見えるんですね。

2011112715.jpg

とっても視界がクリアです。

2011112716.jpg

いいじゃないですか、
晩秋景色。

2011112717.jpg

犬越路着。

2011112718.jpg

予想以上のロングコースだったので、
渋滞に巻き込まれぬよう
休まずひたすらに下山します。

2011112719.jpg

いやいや、わずかですがキレイな紅葉がおがめました。

2011112720.jpg

2011112721.jpg

2011112722.jpg

かっちり充実した山行きでした。

駐車場発14:00。
渋滞予測は15:00 大井松田付近から。
大丈夫だろうとICに向かうが
何と丹沢湖ではマラソン大会が開かれた模様。
ICまで往路の3倍、2時間を要し、東名もかっちりと渋滞。

こんな日もあるでしょう。

山は十分に楽しかったですからねぇ。
スポンサーサイト



残念ですが

来年2012年1月1日より価格改定しますよ~というお知らせ。

2011112501.jpg

つまりは「値上げ」。
現状3社から来てます。

具体的な品番などはまだ記載なく、
わかり次第のお知らせとなりますが、
管球商品につきましてある程度ストックしといたほうが良いかと・・・。

おそるべし 武尊山(ほたかさん)

2011111300.jpg



一度行ってみたかったんです。
上州武尊山。

決定は相変わらず前日の土曜日。
今山行は我が隊のエースO隊員と私の二人。
お互い、休日は日曜だけなのでもちろん日帰り。
朝3半、入谷出発。

関越水上IC経由で登山口の武尊神社駐車場へ。

2011111301.jpg

2011111302.jpg

武尊神社で無事安全を祈願し、登山道へ。
枯葉が敷きつめられた柔らかで優しい歩き出し。
晩秋を体で感じて、ヒジョーに快感。

2011111303.jpg

程なく分岐。
ネットの予習では
ここから岩、鎖、ロープが連続、となっていました。

ウヒョー、それまでの途とは一変します。
急登の連続です。

2011111304.jpg
武尊山の容姿

2011111305.jpg
剣が峰の容姿

などが所々に見え隠れします。

2011111306.jpg

直角な岩だって
慎重に行けばこれまた楽し。
キツイ急登よりは一気に
高度が稼げてありがたい位です。

2011111307.jpg

さすがエースのO隊員とは異なり、
私は息を切らしながらの試練が続きます。

2011111308.jpg

画像じゃ伝わりませんね、この直角感。

そして山頂。

2011111309.jpg

絶景です。

毎度恒例の下界じゃ味わえない贅沢なランチタイム。

2011111310.jpg

剣が峰までの素敵な稜線が目前に広がっています。
先程までの急登は喉元を過ぎた感じです。

山頂では皆さん、達成感からか、かなりまったりされてました。
我々もゆっくりしたつもりでしたが、皆さんに比べると
滞在時間は最短でした。

2011111311.jpg

剣が峰を目指して歩きます。

アップダウウンを繰り返し、小さなピークをいくつか
越えて行きます。

2011111312.jpg

剣が峰山頂の画。

2011111313.jpg

左右が切れ落ちており、
山頂標がカメラにやっと収まる程度の
とても狭い尖った山頂でした。

ザックを下ろすスペースもなく、
風もあるので、とっとと下ります。

ここからが試練の下山道でした。

下調べのヤマレコやブログでも、
「俺は○回こけた」
「俺なんて○回こけた」と
皆その歩きにくさを自慢(?)しておりました。

歩いてみてわかりました。
言っては悪いですが、山がボロボロです。
崖から転落する、熊に出くわす、など滅多にないであろう
恐怖とは異なり、荒れた滑りやすい急斜面でこけて
頭を打って・・・は十二分にあり得ます。

先週積もった雪解けの水のせいもあり、
しっかりとぬかるんでおり、
登山靴の凹凸ある靴底は柔らかな黒土で
常にスニーカーのような
真っ平らな状態での下山でした。

ゴールの登山口に着いたのは14:30をまわった頃。

神社に一礼をし、渋滞の関越を通り帰宅しました。

翌日には筋肉痛を確信しておりましたが、全く何事もなく。
すごいですね、
山行中身に着けているサポートタイツと
摂取したアミノ_の効果でしょう。
ありがたいことです。

2011111314.jpg

一度行ったので気が済みました。武尊山。
隊の皆さんにもススメておきました。