南アルプス・仙丈ケ岳

2017071700.jpg




南アの女王、仙丈ケ岳に行ってきました。

思えば私、初の南アルプスになります。

1時に入谷を発ち、マイカー規制のためバスに乗車する
戸台口仙流荘前には 4:30 に到着しました。


2017071701.jpg

始発 6:05 の便に乗車するため並びます。


2017071702.jpg

満車のバスは 北沢峠に 6:40頃 到着。


2017071703.jpg

身支度を整え、登山道、藪沢新道に入ります。


2017071704.jpg

小雨もパラついたりして天候不順な中、
徐々に高度を上げて行きます。


2017071705.jpg

コメツガの新芽が眩しいですね。


2017071706.jpg

8:30 五合目 大滝ノ頭。
馬の背は下山で使うため、分岐は左に行きます。


2017071707.jpg

9:00 六合目。
何の眺望もなく幻想的ですが、
こんな時は地面に咲き誇る花を見て進みましょう。


2017071708.jpg

ゴゼンタチバナ。


2017071709.jpg

森林限界を超え、ハイマツが多くなってきます。


2017071710.jpg

キバナシャクナゲ。
ここで観るべき花だとガイドブックにありました。


2017071711.jpg

イワウメ。
可憐できれいだなぁ~とリラックスしていると・・・


2017071712.jpg

ドーン、でかいヒル。
恐らくは吸血しない高尾山でミミズを丸呑みしてたヤツワクガビル
かと思いますが、吸血鬼ヤマビルのようでもあります。
辺りを良く見るとこの種が沢山。
きもっ!足早に通過。


2017071713.jpg

気をとりなおして、キレイな苔。


2017071714.jpg

ハイマツ。


2017071715.jpg

コイワカガミが沢山。


2017071716.jpg

この黄色いのも沢山。


2017071717.jpg

ウラジロナナカマド(?)


2017071718.jpg

ミヤマキンバイ。


2017071719.jpg

やがて行く手の仙丈ケ岳が雲をよけてお目見え。
ステキ~


2017071720.jpg

通過した小仙丈ケ岳を振り返ると
先程のかつてのお嬢様方がまだまだ撮影中で占領中。


2017071721.jpg

写真でよく見る景色だ。

2017071722.jpg

2017071723.jpg

晴れた。
爽快な稜線歩きの始まりです。


2017071724.jpg

シャッターばかり押していて先にすすめません。
でもいいんです、ここまで来なけりゃ見れない景色ですから。


2017071725.jpg

一度は行ってみたい北岳。


2017071726.jpg

視界が開けました。


2017071727.jpg

展望バツグンの尾根歩き。


2017071728.jpg

ニッポン1、2の富士山、北岳が揃い踏み。


2017071729.jpg

オヤマノエンドウ。


2017071730.jpg

この山で一番観るべき花、
ミヤマシオガマ。


2017071731.jpg

花畑。


2017071732.jpg

ハイマツも松なのでマツボックリができます。


2017071733.jpg

高山植物は小さくて可憐です。


2017071734.jpg

山頂も沢山の人で賑わっているようですね。


2017071735.jpg

2017071736.jpg

10:50 仙丈ケ岳 3033m。


2017071737.jpg

山頂脇のポールポジション、
お花畑の片隅をお借りしてランチタイム。


2017071738.jpg

大仙丈ケ岳と花畑。


2017071739.jpg

食後は仙丈小屋目指し下って行きます。


2017071740.jpg

仙丈ケ小屋前よりカール


2017071741.jpg

2017071742.jpg

立派な仙丈小屋


2017071743.jpg

ソーラーに風力と近代的な小屋。
小屋番さんの感じも良く、機会があればお世話になってみたい印象。


2017071744.jpg

まだまだ名残惜しいですが下山の途。


2017071745.jpg

馬の背ヒュッテを過ぎ、沢沿いに高度を下げます。
沢の水は雪解け水なので頭から浴びると爽快感バツグン。


2017071746.jpg

小さな雪渓がちらほら。


2017071747.jpg

無事下山。
お疲れ様。


2017071748.jpg

駐車場目指してバスに乗車。

今度はここから甲斐駒歩いてみたいです。

(いけねっ、甲斐駒と鋸岳の画像、載せ忘れた)

--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2017/7/17)
登り累積標高:約1192m
歩行距離:9.1km
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約7時間40分
登山口:北沢峠
面子:5名
天気:くもりのち晴れ
--------------------------------------------------------

駐車場脇の仙流荘にて入浴。
場所が場所なので混雑覚悟でしたが
意外や意外、空いていてゆっくりできました。

復路の中央道は大月あたりからかっちり渋滞。

遅めの到着になりましたので
軽めの反省会にしました。
スポンサーサイト

おっさんの長い一日

あさがお祭りも何とか終了。

本日は通行人なき早朝4時より仮設電灯の撤去。

そして・・・
昨日逝ってしまった自店舗事務室のエアコン入替工事。
真っ黒、ぐったり、へとへと。

が、夏空が呼んでるゼ、
とかみさんと娘を乗せて台場ドライブ。


潮風公園駐車場に空車あり。
ラッキーと駐車。


2017070901.jpg

ガーン・・・
何と護岸工事中で海側は一面のフェンス。

空車なわけネ。


2017070902.jpg

結局、海浜公園まで歩きました。
ちょうどいい散歩コースです。


2017070903.jpg

んまぁ、外の空気が吸えただけ良かったです。


飯して帰宅。

いい時間ではありますが
どうせ汗かきついでじゃ、と先日よりの作業を決行。


先日よりクルマの内装のプチ模様替をおこなっている次第です。

夜な夜な少しづつ
ポイント部分にカーボンシートを貼っている最中なんです。


2017070904.jpg

先週、少しの曲面で面積も狭く、簡単そうな
スタートボタン上のシルバー塗装パネルから始めました。


2017070905.jpg

まずはドア内側側面のパネルを剥がし、
爪を外してゆきます。
ネットのおかげで、内装の剥がし方のヒントも盛り沢山で
大変助かりました。


2017070906.jpg

大きめにカーボン調シートを切り、
空気が入らぬよう、ドライヤーの熱風で伸ばしながら貼っていきます。


2017070907.jpg

ここは予想通りカンタンでした。


2017070908.jpg

おー、いけてるじゃないですか、と自己満。


2017070909.jpg

そして二夜目は本丸のセンターパネルでした。
内装剥がし工具は一通りあったので
傷つけぬよう、慎重に差し込んでいきます。
そのヘラのようなのを三枚差し込み、
注意深く探ると、爪の位置が何となくわかります。


2017070910.jpg

てこの原理でがばっと外します。
相当配線が入り組んでますが、エアコン用とオーディオ用
各1組のコネクタで結線されています。
パネル背面から覗けないため、
コネクタの爪がわからず難儀しました。
VHSビデオの修理以来のリペア鏡が役立ちました。


2017070911.jpg

作業しやすくなるよう、パネルからエアコンの吹き出し口と
操作部分、ハザードスイッチを取り外します。


2017070912.jpg

複雑な曲面がビギナーの私の自信を喪失させます。


2017070913.jpg

あきらめずにひたすらチョット貼っては炙り、
チョット伸ばしては炙るを繰り返します。

とても時間がかかりました。


2017070914.jpg

粗探しはしない、と自身を納得させ、完成としました。


2017070915.jpg

エアコンの吹き出し口左右とハザードスイッチ、
エアコン操作パネルを元通り装着します。


2017070916.jpg

良く見ると引っ張り過ぎによる貼り損じがありますが
いいじゃないですか。


そして今晩、助手席パネルに貼り込んで終了としました。


2017070917.jpg

先日の運転席側と同じように
ドア内部のサイドパネルを外します。


2017070918.jpg

そして指を突っ込んで
中から押すとパカッと外れます。


2017070919.jpg

ここも貼り込みは割とカンタンです。
パッチンとはめて作業終了。


2017070920.jpg

まだまだ購入したシートが余っているので
ステアリングのパネルとシフト部パネルにもと思いましたが
かなり面倒そうなのでこれにて模様替え終了とします。

同時期のスバル車であれば同じような内装なので
少しだけでも参考になれば幸いです。

残ったシートはタブレットかスマホにでも貼っちゃお。

酷暑の候

お蔭様で忙しくさせていただいております。


2017070201.jpg

山にも行けないあつーい夕方。
スカイツリーまで汗だく散歩。


2017070202.jpg

そしてソラマチにて飯。


2017070203.jpg

再び歩いて浅草寺を参って帰宅。

まだ暑中見舞いにも早い時期です。
来週も頑張ろう。

霧ヶ峰で散策

2017061800.jpg




梅雨だから軽く行きましょうと霧ヶ峰。


2017061801.jpg

車山ノ肩駐車場を起点に周遊します。


2017061802.jpg

八ヶ岳山塊。
まだところどころ白いですね。


2017061803.jpg

ガスッてますが湿原に期待しましょう。


2017061804.jpg

振り返ると
コロボックルとビーナスライン。


2017061805.jpg

お隣の同じく入門百名山、美ヶ原がぽっかり浮かんでます。


2017061806.jpg

2017061807.jpg

2017061808.jpg

気象レーダーが近づいてきました。


2017061809.jpg

程なく山頂。


2017061810.jpg

2017061811.jpg

2017061812.jpg

2017061813.jpg

2017061814.jpg

山頂の祠に一礼し、スキー場方面に巻いて行きます。


2017061815.jpg

クワッドリフト山頂と蓼科山。
免許取り立ての頃、
この辺りはノーチェーンで来られたので良く日帰りスキーに来ました。
晴天率高く、風がたいへん強いため気温低く、
カリッカリのスケートリンク状態で、
今では決して滑りたくないゲレンデです。


2017061816.jpg

リフト脇を下り、
冬は恐らくゲレンデであろうところを行きます。


2017061817.jpg

振り返ると車山山頂。
これだけ高い木々がないと
ただだだっ広く、寒いだけのゲレンデであるのがわかります。


2017061818.jpg

2017061819.jpg

2017061820.jpg

2017061821.jpg

蝶々深山。

湿原目指して下っていきます。
ガスッちゃいますが気持ちの良い草原歩きです。


2017061822.jpg

この鹿除けネットの向うが八島湿原になります。


2017061823.jpg

2017061824.jpg

山小舎の灯 なる詞。


2017061825.jpg

天然記念物 八島ヶ原湿原。


2017061826.jpg

2017061827.jpg

2017061828.jpg

ワタスゲの群生。


2017061829.jpg

ズミ。


2017061830.jpg

わらび(?)


2017061831.jpg

2017061832.jpg

御射山方面へ。


2017061833.jpg

アマドコロ。


2017061834.jpg

2017061835.jpg

まったりと茶屋にてラーメン。


2017061836.jpg

アヤメ。


2017061837.jpg

スズラン。


2017061838.jpg

ニリンソウ。


2017061839.jpg

レンゲツツジ。


2017061840.jpg

一登り終えるとスタート地点近し。


2017061841.jpg

お疲れ様でした。


2017061842.jpg

2017061800a.jpg



時間的に余裕もあるので
諏訪湖沿いの温泉施設”すわっこランド”でひとっぷろ。

想定外に重なる事故などあり、かっちり渋滞。

それでも帰宅後はしっかり反省会しました。


--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2017/6/18)
登り累積標高:約744m
歩行距離:11.52m
所要時間(休憩とおにぎりタイム含む):約5時間58分
登山口:車山の肩駐車場(無料)
面子:3名(私を含む)
天気:くもり
--------------------------------------------------------

ロガーデータ追加

何気なく山旅ロガーを触っていると
グラフを見る→測定情報
とタップするとなんと

平面距離
沿面距離
累計標高(上り)
累計標高(下り

が表示されるではありませんか。

沿面距離(地図上の距離ではなく、実際に歩いた距離)
と累計標高はとっても欲しかったデータです。

というわけで、
ログがとれていた過去の山行(fc2ブログ)につきましては
今更ながらアップさせていただきました。

一部ピストンでの山行で
アップとダウンの累計標高が異なるのは
まか不思議ではございますが・・・

| NEXT>>