商品情報

電撃殺虫器と扇風機の入荷がはじまりました。


2017041901.jpg
扇風機はどこでも購入できるので急ぐ必要はありませんが、
電撃殺虫器に関しては梅雨が明けると例年どこも完売となります。

当サイトにおきましても昨年はゴールデンウイーク明けに
センサー付と二灯タイプの商品は完売となりました。

ぽつぽつではございますが売れてきています。
購入予定の方は早めにご検討下さい。
電撃殺虫器販売のページ
スポンサーサイト

本仁田山(大休場尾根~鳩ノ巣)

2017040900.jpg



今週は業界の先輩2名(写真の先輩と鳥ウォッチャーの先輩)
との奥多摩山行予定でしたが、予報はとても堅く、変動なく雨曇り。

中止も止む無し、と半ばあきらめモードでしたが
奥多摩に通い続ける写真の先輩から決行との連絡。

まだ行ったことのない、本仁田山に案内いただきました。


2017040901.jpg

新宿で待ち合わせ、
ホリデー奥多摩の一番で奥多摩駅着。


2017040902.jpg

いつもなら下車と同時にバスにダッシュするハイカーの姿もなく
休日の奥多摩駅らしからぬ光景。


2017040903.jpg

本仁田山へは奥多摩駅から徒歩、
急登で名高い大休場尾根(おおやすんばおね)登り、
鳩ノ巣駅に下山するというバスを使わない便利ルート。


2017040904.jpg

駅からほどなく、奥多摩セメント。
工場フェチにはたまんないんだろうなぁ。


2017040905.jpg

民家の間を抜けて行きますが、
道標はそちこちにあります。


2017040906.jpg

だーれも来る気配がありません。


2017040907.jpg

よく出没しているようです”クマ”。
注意喚起が何箇所もありました。


2017040908.jpg

奥多摩三大急登である 大休場尾根 に入って行きます。

三大急登は諸説あるようですが
〇鷹ノ巣山の稲村岩尾根
〇本仁田山の大休場尾根

は必ず入っており、三つ目が人によって
△三頭山のヌカザス尾根
△御前山の大ブナ尾根
△六ツ石山の棒ノ木尾根

だったりするようです。


2017040909.jpg

意識はしておりませんでしたが、ここを登れば
上記5登のうち4登は経験したことになります。


2017040910.jpg

確かにここも急でしたが距離があまりない印象で
個人的な印象では
急登の長さ 稲村尾根>大ブナ尾根>ヌカザス尾根
急登の角度 ヌカザス尾根>稲村尾根>大休場尾根
といった感じに思えました。

こと角度に関しては、どこも確かに急峻ですが、
それなりにつづら折りの登山道となっておりました。
そんななかでも例外なのが
ヌカザス尾根の「ツネ泣き坂」で
直登ルートになっており、振り返るだけでも落ちそうで
掴むものもなく、四つ足にもなれない、という
私にとってはダントツの急傾斜でした。

いずれせよ
どこの名急登も下りには決して使いたくはないです。


2017040911.jpg

そして程なく山頂。
先輩に問いました。
「誰一人会わなかったけど、天気良ければもっと人いるんですよね?」
「いや、いない。」
「そっすか・・・」


2017040912.jpg

誰もいない静かな山頂。
山頂標は味気ない白看板。


2017040913.jpg

画像からは伝わりませんが雨風が強く
とても寒いので無理やりの笑顔で
さっくっと記念撮影して撤退。


2017040914.jpg

高い山にいるかのような雲海が眼下を覆っていました。
幾度も来ている先輩によると、以前にはここに東屋があったのだそう。


2017040915.jpg

雨がひどいので、
おにぎりは樹林帯に入ってからとお預け。


2017040916.jpg

山でよく見かけるこのキモい黒いやつ、
何なんでしょうかね?


2017040917.jpg

鳩ノ巣へ向かって下りるこちらの斜面は
斜度も程々で、風もなく、快適なトレッキングコース。


2017040918.jpg

川乗山との分岐点。


2017040919.jpg

幻想的。

思えば昨年もそれなりの回数、山に行きましたが
合羽は一度も着ておりませんでした。
本日はずっと着用しております。


2017040920.jpg

獣でも出てこないかなぁ、
などと単独ではないので期待してみたりもする。


2017040921.jpg

2017040922.jpg

2017040923.jpg

下山もあと少しとなったここで
本日初めて単独の登山者と遭遇する。
川乗山からの下山中とのこと。


2017040924.jpg

2017040925.jpg

2017040926.jpg

2017040927.jpg

間もなく駅。


2017040928.jpg

鳩ノ巣駅ホーム。
ハヤミっても、イヨってもおりません。
踏切からです。


2017040930.jpg

--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2017/4/9)
登り累積標高:約950m
歩行距離:8.2km
所要時間:約6時間20分(休憩含む)
登山口:奥多摩駅
下山口:鳩ノ巣駅
面子:3名(私を含む)
天気:雨時々くもり
--------------------------------------------------------




鳩ノ巣駅から再びの下り電車で奥多摩駅へ。


2017040929.jpg

そして
毎週奥多摩へ通う先輩行きつけの
ジモティと登山者が集う居酒屋へ。

濃厚な焼酎にすっかりやられ、
トイレが近くなった私は両脇で寝入る先輩方を残し、
せっかく乗ったホリデー快速を一旦羽村で下車。

中央特快を待ち、乗車すると
”いまどこ?鶯谷で待ってるヨー”
とのありがたきお言葉。

今日も一日
お世話様でした・

また宜しくお願いします。

新靴

山靴の一足のソールががつるつるになり、
とうとう止む無く購入。


2017040501.jpg

ビブラム&ゴア であることを満たしている中で
そのデザインに惹かれました。

今週末はかなりの確率で天気が悪そうなんで
初使用は次回に見送りか?

開花

2017040400.jpg


満開ではありませんが、青空との共演は今日明日とのこと。

恒例の夜明けの隅田公園、上野公園の桜散歩に行ってきました。


2017040401.jpg

2017040402.jpg

2017040403.jpg

2017040404.jpg

2017040405.jpg

2017040406.jpg

2017040407.jpg

2017040408.jpg


朝日を浴びた桜がとてもキレイです。

上野公園、隅田公園はマスコミでも頻繁にとりあげられる名所ですが
早朝であればそれなりに静かな花が味わえます。

エビ近況

ミナミヌマエビ、無事越冬しました。


2017040301.jpg

私のカメラテクでは良く見えませんが、
水槽の中は淡水のプランクトンである
ミジンコ(ケンミジンコ)が沢山発生。

水質ベリーグッドのサインです。


ミナミヌマエビ
増えすぎました。

簡単に
手間なく
金をかけずに
飼育できます。

取りに来て下されば差し上げます。

| NEXT>>