FC2ブログ

軍刀利神社~生藤~陣馬~かどや

2019050500.jpg




長すぎるゴールデンウイークは連日高速渋滞の模様。

車はやめて、電車で、ほぼガラガラであろう登山道を歩きに行きましょう。

本来であれば上野原駅でバス待ち30分をして登山口へ向かうところでありますが、
4人での山行でしたので、タクシーで入れる限りのところまで行ってもらいました。


2019050501.jpg

軍刀利神社登山口より出発。


2019050502.jpg

本来のバス待ち30分、到着バス停から登山口までの徒歩30分の
合計1時間位が節約できた感じでしょうか。


2019050503.jpg

勝利の神様にして、県では有名なパワースポットだそうです。


2019050504.jpg

こちらが奥の院のようです。
さらに上の山宮が笹尾根上にあり、そこを目指して登って行きます。


2019050505.jpg

男坂と女坂の選択で、前者を選びましたが、かなりのレベルの急登でした。


2019050506.jpg

誰一人歩いておりません。
振り向くと落ちてしまいそうな斜面をじっくりこらえて歩みを進めます。


2019050507.jpg

山宮に到着。


2019050508.jpg

笹尾根上にあるので、もしかしたら以前に
通過したことがあるような、ないような・・・

背には富士山が望め、パワーがみなぎります。


2019050509.jpg

笹尾根歩きは富士見の道中と言われてますが
その言葉通りだったのはこれが初めてです。


2019050510.jpg

三国山。


2019050511.jpg

ここも富士見の休憩ポイントなのでベンチが置かれています。


2019050512.jpg

生藤山、のはずが、会話に夢中で分岐を見逃し、
不本意にも山頂を巻いてしまいました。


2019050513.jpg

和田峠から陣馬山頂への長い階段。


2019050514.jpg

日差しがこたえます。


2019050515.jpg

子供の日仕様の陣馬山着。


2019050516.jpg

ふかふかの芝生で
適度な春風と日差しを浴びながらゆっくりランチ。
ビールでも飲んで昼寝できたら最高なシチュエーションでした。

さ、あとはどんどん下って、かどやで飲みましょう。


2019050517.jpg

陣馬~明王峠 はいつもの賑わいでした。


2019050518.jpg

大平小屋手前を右にきれ、
人少なく、ジャングルチックな貝沢ルートで下山します。


2019050519.jpg

相模湖駅前かどやに無事到着。

2時間以上飲んでしまったため、
中央線で目覚めると二日酔い状態になってました。


2019050520.jpg

2019050521.jpg

2019050522.jpg

2019050523.jpg

2019050524.jpg


スポンサーサイト

DIYでギター

自分にとっては長すぎる連休。

遠くに行くには混雑必至で費用が高額。

高い山は先日降った大雪でスッカリ冬山。
つまり装備も技術も伴わない私には不可。

こんな時のために用意しておいたんですよ。
楽しい工作材料。


安い青色ボディのストラト形ギター。
どこにもないオンリーワンに仕上げましょう。

バラバラに分解して、塗装を全落としします。


2019050401.jpg

安物だけあって、木目もよろしくなく
オイルフィニッシュを試みますが
染みたり染みなかったりでボロボロになってきました。


2019050402.jpg

何度も塗ってはヤスリをかけ、との粉や内装用のパテまでも駆使し
作業をすすめます。


2019050403.jpg

以前に失敗した際に保管しておいたミラーピックガードがあったので
オリジナルの白色ピックガードからアッセンブリーを移植します。


2019050404.jpg

なかなかボロくて枯れたいい感じになりました。
ザクリ部分の青色が元のボディ色の名残です。


2019050405.jpg

切断した配線を半田付けして、
一気に組み上げていきます。


2019050406.jpg

完成。
眺めながら飲みました。

DIYは自己満足の時間が過ごせるので好きです。

2019初の塔

2019042900.jpg



2019042901.jpg

大倉の最上段、穴場の民間駐車場にとめ
バカ尾根トレーニング。


2019042902.jpg

事前に情報は得てましたが、いつも当然のようにいた
クリステルとキャサリンがいない。
何だかとっても寂しい。


2019042903.jpg

今日の空は予報通りの曇天で富士山は雲の中。
下界相模湾方面は何とか見渡せ、房総半島までクッキリ。


2019042907.jpg

天気が回復すれば丹沢山までと思いましたが、山頂真っ白。
寒~い中、急いで早めのランチタイム。


2019042905.jpg

そして、そそくさと撤退。


2019042906.jpg

こんな空だとスマホでの写りはこんなモン。
画質悪いです。


2019042908.jpg

時間も早いので
駐車場の敷地内に建つ”山屋 slow”なるお店でコーヒータイム。

こちらの駐車場には幾度も停めてますが初めていただきました。
自家焙煎で、アイスは水出し、ホットはサイフォン式でとってもおいしい。

ご馳走様。
また来た際には寄らせていただきます。


渋滞にも巻き込まれず、サッと帰宅。
同行の4人に2人を加えて、今日も旨い酒を飲みました。


2019042909.jpg

2019042910.jpg

2019042911.jpg

2019042912.jpg

2019042913.jpg







柳沢峠-丸川峠

2019042100.jpg




久しぶりの山歩き。

軽めに気持ちのいいとこを行こう、
ということで、昨秋に歩いた静かで高低差の少ない
柳沢峠から大菩薩への登山道を歩いてきました
(結局、大菩薩まではいきませんでしたが・・・)。

ちなみに、下記が昨年秋に歩いたレコになります↓
http://hokuritu.blog.fc2.com/blog-entry-571.html



2019042101.jpg

入谷を4時に発ち、勝沼IC経由で
青梅街道最高点の柳沢峠に駐車します。


2019042102.jpg

駐車場の向かい側より登山道に入山します。


2019042103.jpg

久しぶりの山での朝日、
たまんねぇなー。


2019042104.jpg

苔っぷりが素敵な登山道です。


2019042105.jpg

残雪箇所は溶けて固まってを繰り返しているため、
ツルツルです。


2019042106.jpg

分岐地点の六本木峠。


2019042107.jpg

ブナと苔の素敵な道です。


2019042108.jpg

踏み跡はしかりしていますが、
丸川荘まで人にはほとんど会いません。


2019042109.jpg

丸川荘着。


2019042110.jpg

おいしいコーヒーをいただきました。
小屋仙人の只木さんのキャラのせいもあり、
前回同様、とっても穏やかな時間が流れる素敵な空間でした。


2019042111.jpg

撮影ポイントのデッキからは富士山がばっちりでした。


2019042112.jpg

先に来ていた方に話をきくと、
只木さん作の木彫りのマグカップを買いにきたのだそう。
木彫りについて色々話されているのを聞き、
ぐい飲みを収集しているという同行したIさんも購入しておりました。


2019042113.jpg

先日降った雪で富士山もまだまだ春には遠そうでした。


2019042114.jpg

一人アイゼンに不具合があり、
大菩薩まで登ってしまうと下りが危険と判断し、
小屋前を少し登り始めましたが引き返すこととしました。
無理は禁物、安全第一です。


2019042115.jpg

小屋前でお湯を沸かしてまったり食事をし、
来た道を引き返しました。


2019042116.jpg

静かでとても良い道です。
また来ましょう。


帰宅後はたっぷり飲み、
ようやく”山あそび”復活です。


2019042117.jpg

2019042118.jpg

2019042119.jpg

2019042120.jpg

2019042121.jpg

ラジオのはなし

電気屋は大型連休を前にし、皆さんそこで大きく出費するためか、
暇な時期に突入しております。

店にいる時間も増えておりますため、
お年を召されたお客様と接する時間も増え、
普段は気にもとめないラジオの話題など、
お話しすることもあります。


2019042001.jpg

先日お得意様に
「今これ使っているんだけど、ワイドFMが聞けるやつに買い替えたくて」
と言われました。

お持ちになったのはテレビ(アナログ)音声1ch~3ch対応の機体。
ワイドFMは、VHFテレビ放送終了後、
空きになったのVHFローチャンネルの周波数帯を使用するので、
それであれば問題なく受信が可能です。
そして、番組的にモアチャンネル化できるのではと、
過剰な期待をされていたようなので
内容は放送中のAM放送を同時放送するものです、と加えておきました。

ついでではありますが、当店も含め、近隣では最近
TOKYO FM の受信がとても悪くなったという声を耳にします。
電波の送信塔が東京タワーからスカイツリーへと変わった際に、
FM局の送信場所が2箇所からとなりました。

スカイツリー からは NHK-FM と J-WAVE が送信され、
東京タワー からは TOKYO FM と 放送大学、InterFM
が送信されるようになったため、
スカイツリーに近い当店周りなどは
2つの電波塔から発せられる利得の強弱が極端なため、
良好に TOKYO FM を受信するにはアンテナによる対策が必要となります。

以上

エアチェックが盛んなオーディオ華やかなりし頃であれば、
大きな話題になるところではありますが、
ご参考までに。

| NEXT>>