笠取山

2017091000.jpg




以前に一度行ったことがあるんです。
その時は雨の中で、初回がそうであると
もう一度という気には中々なれませんでしたが
BS-NHKの百名山(ここは花の百名山)でみて、
改めて行ってみようと心に決めておりました。

今回は鳥や獣に精通した同業の先輩と二人での山行となりました。



2017091001.jpg

目指す駐車場の作場平はナビにないので
検索は”一の瀬高原キャンプ場”とすべし、
とあったため、そこをマークしたところ
道半ばである
キャンプ場の駐車場に車を停めてしまいました。

大きな過ちでした。


2017091002.jpg

道標に目的地である”笠取山”とありましたが
指す方角は一面の藪です。
”違ったら引き返しましょう”
とわずかな踏み跡をたよりに歩き出したところ
結構な流れと深さの徒渉に出くわし、
二人とも膝まで浸かって靴の中はちゃぽちゃぽ。

予習ではこの上なく整備が行き届いた山、
なはずなので、これはありえん、
と再度浸かって引き返し。

そこで奥多摩に精通した先輩が気付きます。
”クルマでもっと行った先に
広いところがあるけどそこが作場平じゃね?”と。

ピンポン、正解。

ありがとうございました。


2017091003.jpg

1時間遅れのスタートとなりました。


2017091004.jpg

疑う余地ない登山口です。


2017091005.jpg

東京都水道局管理の山なので
地図や道標がこの上なくしっかりしています。


2017091006.jpg

水干まで 5.2km。
時間はたっぷりありますぜ。


2017091007.jpg

勉強になります。


2017091008.jpg

ちょっとした徒渉ポイントでも
しっかりした木橋が幾つも幾つも整備されています。
ずぶ濡れになることは皆無です。


2017091009.jpg

しばらく続く沢も人工感がなく、
とても素敵です。


2017091010.jpg

一休坂分岐。


2017091011.jpg

案内看板で右は下山向きの急坂とあったので、
左のヤブ沢峠経由で山頂を目指します。


2017091012.jpg

白木に白文字の道標はガスガスの時には見えにくそうですが、
とてもキレイで手入れが行き届いており、ありがたい限りです。


2017091013.jpg

笠取小屋に到着。


2017091014.jpg

開けていて
とても気持ちの良い台地が広がっています。


2017091015.jpg

少し下ったところに水場があるようです。


2017091016.jpg

駐車場とここにはバイオトイレ(無料)がありました。
こちらは汚物処理が過多なのでしょうか、
悪臭がひどかったです。
トイレ棟に扉がないため、虫がすごいのも疑問が残るところです。

八海山や苗場のバイオトイレができすぎなのかわかりませんが
あちらは無臭で清潔感満載でしたから・・・

失礼しました。
トイレが整備されていることは
とってもありがたいことです。


2017091017.jpg

小屋周辺はホントに好環境です。
写ってませんが鹿の親子ものんびり散歩してました。


2017091018.jpg

青空だけ見ると秋ですね。
晴れた秋の山は爽快です。


2017091019.jpg

小さな分水嶺との分岐ポイントです。


2017091020.jpg

左に行くと雁坂峠を経て、
甲武信ケ岳に至る縦走路のようです。


2017091021.jpg

我々はもちろん小さな分水嶺に向かいます。


2017091022.jpg

ちょっとした丘の上です。


2017091023.jpg

多摩川、荒川、富士川の分水ポイントがありました。


2017091024.jpg

富士山は雲が沸いてまだまだ夏富士です。
本日は山じまいで登山者も多数いらっしゃることでしょう。


2017091025.jpg

笠取本丸が姿を現しました。


2017091026.jpg

すぐそばに見えるありゃ、大菩薩でしょうかね?
わかりません。


2017091027.jpg

笠取は近づくにつれ、
男前度がアップしていきます。


2017091028.jpg

かなりの傾斜をハァハァと
まっすぐ登ります。


2017091029.jpg

途中から振り返ると、角度が急なため
結構な高度感が得られます。


2017091030.jpg

あと少し。


2017091031.jpg

雲の中に富士山は消えましたが
なるほど360°の眺望です。


2017091032.jpg

大岳山ですかね?
もちろん、わかりません。


2017091033.jpg

水干への分岐まで戻ってランチとします。


2017091034.jpg

分岐から水干方面に歩き、
ここを下ると水場があるそうです。


2017091035.jpg

本日の第二目的地、水干。
東京湾まで138km。
長い旅ですね。


2017091036.jpg

また機会があれば
水干経由で巻いて山頂まで行ってみたいです。


2017091037.jpg

再びの笠取小屋。


2017091038.jpg

復路は下山向きと記されたミズナラ林の急坂で。
こちらもたいへん良く整備されており、
登りで使っても全く問題なさそうな沢沿いの道でした。


2017091040.jpg

一休坂との分岐点で往路と合流。


2017091041.jpg

無事下山完了。


2017091042.jpg

山頂直下の往復を除けば
今まで歩いてきた中でもトップクラスの整備っぷりで、
沢沿いの登山道はとても爽快なものでした。

地図上のコースタイムも6時間と手頃なので
秋の紅葉シーズンにはまた来たいです。


2017091043.jpg




--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2017/9/10)
合計時間:6時間21分
平面距離:11.17km
沿面距離:12.15km
最高点標高:1954m
累計標高(上り):1513m
累計標高(下り):1476m
標高データの種類:GPS
登山口:作場平
面子:2名
天気:晴れ
--------------------------------------------------------
スポンサーサイト

休日色々

山の予定ではありましたがやむなく中止に。


すると色々やることがあります。

午前中は防災訓練。


2017090301.jpg

10階まで伸ばせるカッケー梯子車。
子供優先で実際に乗ることができます。


2017090302.jpg

私はもちろんご遠慮しました。


2017090303.jpg

午後は買い物にレイクタウンへ。


2017090304.jpg

そして先日修理に出した
キャラバングランドキングの山靴を取りに神保町へ。
D環(ひも通し)の破損でしたがきれいに修理完了。
さすがは老舗メーカーです。
ソールも減っていて、本来の能力は得られませんが
低山用としてもうしばらく履かせていただきます。

少年と陣馬

2017082700.jpg




昨年夏の頃より、仕事やテニスでちょくちょく手首が痛くなるため
盆休みに整形外科で診てもらったところ、
レントゲン画像をみてあ然・・・

右手首を支えている2本の骨がずれ(開き)まくり。
生まれつきなら問題ありませんが、と念のため
左手首のレントゲンを撮るとそちらは問題なし。
余程の衝撃を与えた覚えがなければ使いすぎ、との結論。
最終手段は手術しかないので、とりあえずは
休んで、使って、悪そうならまた休ませて
を繰り返し付き合ってゆく他ないと。

本日も曲げては痛くありませんが、
捻じると痛みが走ります。

足は問題ありません。

天気も悪くはなさそう。
ストックは使いたくないので
ソロでそろりと陣馬でもと思いつつ、
夏休み中の甥っ子に声をかけてみると
”用もないから行くよ”とのこと。

気温でみると真夏日。
ソロならばゆっくりとロングで、高尾-陣馬-藤野 にしようかと思ってましたが
体力まっ盛りの少年のペースで歩くには
おじさんは熱中症で撃沈必至なので
小仏-景信-陣馬-明王-相模湖 のルートを選択。


2017082701.jpg

高尾駅よりバスに乗り、小仏バス停に 7:30 到着。
はやる少年を待たせ、ゆったり身支度を整え出発。


2017082702.jpg

少々の舗装路を行き、登山道に突入。


2017082703.jpg

登山道に入ると、
おじさんより背が高くなった少年の背中が小さくなって行きます。


2017082704.jpg

あらら、こんなところにもトイレができたか、と思っていると
いつも通過する景信山のトイレでした。


2017082705.jpg

やはりあっという間でした。


2017082706.jpg

茶屋はオープン前の仕込み時間。
1時間後にはいつもの銀座状態になることでしょう。


2017082707.jpg

今日はスカイツリーは見えませんでしたが
ここ最近の天気からすれば十分な山日和です。


2017082708.jpg

富士山も見えました。
毎度ですが、肉眼では良く見えても、写真ではこんな感じです。


2017082709.jpg

景信山-明王峠-陣馬山 の間の山歩きは
想定外に適温、弱風も心地よく、とっても快適でした。


2017082710.jpg

秋の気配はありませんが、
さわやかな真夏の高原のような陽気です。


2017082711.jpg

陣馬到着。


2017082712.jpg

時間も早いので、清水茶屋には寄らずベンチでまったりとします。
ログをみたところ、前回中学生だった少年と歩いた時には
高尾山口駅から陣馬山頂まで休憩含め、3時間半弱でした。
さらにパワーアップしているそうなので頼もしい限りです。


2017082713.jpg

衰えゆくおじさんと、まだまだ進化中の少年A。


2017082714.jpg

戻って明王峠より相模湖方面へ。


2017082715.jpg

ここの与瀬神社に至るルートと
藤野からの栃谷尾根と一ノ尾根は
暗い急斜の新ハイキングコースなどに比べ
明るく静かで、陣馬山の良さが満喫できるコースだと思います


2017082716.jpg

登山者少ないため、良く見ると木には熊の爪痕や
地面には無数の猪のヌタバがあったりしますが。


2017082717.jpg

石投げ地蔵を通過すると真夏の暑さが復活。


2017082718.jpg

孫山通過。


2017082719.jpg

タオルで汗を拭うと棘の刺さるような痛さ。
タオルに目を凝らすと、一面に5ミリ位のとげとげの虫のようなもの。
もしやマダニか?とビビリまくりましたが
良く見ると動いている気配はなく、色も緑色なので木の実?


2017082720.jpg

今年は雨が多いのでどこへ行ってもキノコだらけ。
まだ夏だというのに。


2017082721.jpg

相模湖が見えて来るともう少し。


2017082722.jpg

静かで誰もいない与瀬神社の急な階段を下り
中央高速上を横断。


2017082723.jpg

途中のベンチで着替えをすましてかどやへ直行。


2017082724.jpg

割引券をいただきましたが期限はあと4日やん。
少年の話を肴に
今日も最高に旨いビールでした。




少年、またつきあっておくれ。




2017082725.jpg

2017082726.jpg

--------------------------------------------------------
◇本日のデータ(2017/8/27)
合計時間:5時間39分
平面距離:14.41km
沿面距離:15.03km
最高点標高:1364m
累計標高(上り):1356m
累計標高(下り):1416m
標高データの種類:GPS
登山口:小仏峠バス停
面子:2名
天気:晴れ 時々 くもり
--------------------------------------------------------

学びの秋

2017082301.jpg


近くて行きにくいビックサイトにてメーカーの内覧会。

製品が売れない昨今ですが
開発側の話をきくことはためになります。

各社とも得意分野に注力しているのが如実にわかります

籠る休日

休日ではございますがおとなしく家庭内作業。


2017082001.jpg

身辺整理。
読書してたのは遠い昔の中高生時代。
本日は物置に眠っていた文庫本を一斉廃棄。

今ではタブレットで dマガジン を斜め読みする程度。
”それは本とはいわないよ”
そうでしょう・・・


2017082002.jpg

午後は金魚&めだか水槽の掃除。

今いる和金は娘が小学生の頃、縁日で救ったものとその子供。
屋内短期間で大きく育てると短命ですが、
冬は餌を一切与えず、氷が貼っても外で自然のままなので
元気に幾年も越冬してます。
人間で言えば恐ろしい年齢に相当することでしょう。

昨年も今年も産卵しましたが
近親交配が過ぎると奇形や不健康な個体が生まれて可愛そうなので
放置し、孵化はさせずにおります。

| NEXT>>