FC2ブログ

鷹ノ巣山(浅間尾根ピストン)

2020081500.jpg




平常時であれば、
盆休みには暑い都会を離れ、高い山に行き、
涼感を満喫するはずなのですが今年はかないません。


で、真夏も人気の奥多摩に出かけました。

人が少なく暑くない時間に行きましょう。


2020081501.jpg

峰谷公衆トイレ前より夜明けの奥多摩湖。


2020081502.jpg

青梅街道、峰谷橋手前を右折し、マイカーでないと入れない
奥集落を目指します。


2020081503.jpg

浅間尾根登山口手前、最終の駐車スペース。
駐車可能台数3台。


2020081504.jpg

我々の到着6時頃には、他の車なく一番乗り。


2020081505.jpg

ゆっくり着替えて準備し、歩き出します。


2020081506.jpg

峰谷というところは、いつでもクマの目撃がありますね。


2020081507.jpg

ほどなく右に登山口。
登山口手前の路肩にも3~4台位は縦列駐車できそうです。


2020081508.jpg

下の釣り場のバス停から、こちらの登山口まで歩くと3時間を要するようです。
真夏のこの時期にはムリです。


2020081509.jpg

浅間神社の鳥居をくぐります。


2020081510.jpg

今日の安全を祈ります。


2020081511.jpg

早朝の山は、低山とはいえ、下界とは違って涼しく爽やかです。


2020081512.jpg

折れてるみたいだけど、剣かな?


2020081513.jpg

気持ちがいいので、何度も空を仰ぎました。


2020081514.jpg

青空がひたすらに気持ちいい。


2020081515.jpg

それなりに体力を要する鷹ノ巣山登山道にして最短なので
もちろん急登は覚悟の上です。


2020081516.jpg

1時間弱で、傾斜が緩みます。


2020081517.jpg

椎茸の養殖場が見えてきます。


2020081518.jpg

未だかつてない大規模な面積です。


2020081519.jpg

脇には運搬用のモノレールがあります。


2020081520.jpg

地図では椎茸園となっておりますが、ここまで客を呼ぶというのは
かなりハードルが高いので、単に養殖場だと思いますが。


2020081521.jpg

すごい規模です。


2020081522.jpg

しばらくは椎茸園沿いを歩きます。


2020081523.jpg

椎茸園を抜けるとあと一登り。


2020081524.jpg

水量十分で、胃腸の強くはない私でも十分にいただける
冷たくておいしい水場がありました。


2020081525.jpg

眼上に避難小屋が見えてきました。


2020081526.jpg

石尾根縦走で泊まる方の多い避難小屋です。


2020081527.jpg

中はキレイでした。
前のベンチでゆっくり休憩をとります。


2020081528.jpg

避難小屋からは30分の絶景石尾根歩きです。


2020081529.jpg

ここの尾根は マルバダケブキ が沢山咲いてますね。
鹿に食われないってのは毒性でもあるんですかね?


2020081530.jpg

石尾根からの富士山はとっても素敵ですね。


2020081531.jpg

夏富士、クッキリでした。


2020081532.jpg

雲取山方面。


2020081533.jpg

山頂見えてきました。


2020081534.jpg

人気の鷹ノ巣山にして人少ないです。


2020081535.jpg

おにぎり前に記念撮影。


2020081536.jpg

2020081537.jpg





2020081538.jpg

そしておにぎりタイム。
いつものコレです。

虫に囲まれるのが目に見えていたので、
夏の低山では、おにぎりと飲み物のみです。


2020081539.jpg

それでも贅沢なランチタイムが満喫できます。


2020081540.jpg

富士山山頂ズームアップ。
今日も登ってる人いるんだろうな。


2020081541.jpg

定番の稲村尾根が崩落して通行止めなため、
いつになくすいています。


2020081542.jpg

奥多摩三山揃いぶみ。


2020081543.jpg

しばらく選択肢ないでしょうから
また秋にでも来よう。


2020081544.jpg

稲村尾根、ばっちり封鎖中。


2020081545.jpg

渋滞考慮しても、時間たっぷりゆとりあります。
ゆっくり下りましょう。


2020081546.jpg

アサギマダラ だ。


2020081547.jpg

木漏れ日が明らかにギンギラで気温急上昇。


2020081548.jpg

椎茸園で作業されていた方に聞いたところ、
客を上げての椎茸刈りではないそうです。
あれだけの量を、年に春秋の2度、一斉に収穫し、山麓で販売するのだそうです。


2020081549.jpg

下山完了。

都民が集中し、かつてない賑わいの奥多摩ですから
当然密な温泉に入るわけにもいかないので
各々持参した水を浴び、清めて乗車。

そして帰宅後にはかっちり飲みました。


2020081550.jpg

2020081551.jpg

2020081552.jpg

2020081553.jpg

2020081554.jpg
スポンサーサイト



30度にして冷房、なり

どういう暑さでしょうか?

2020081301.jpg



エアコン30℃設定でも、冷房され、十分涼しく感じる今日この頃。

御前山(奥多摩湖ピストン)

2020080200.jpg




電気屋の仕事は今が最盛期、
人と計画しても前日の仕事如何では急に行けなくなるかもしれません。

行けるようなら決行しよう(もちろん単独で)と就寝。

日常的に小間切れスリーパーな私は
朝4時、目が覚めました。

途中コンビニで朝、昼の飯を買い込み
朝食は道中車中で。

奥多摩湖岸の道路はドライブするのに気持ちいいところです。


2020080201.jpg

ガスガスです。


2020080202.jpg

ここの駐車場も下山してくる頃には必ず満車になってるハズです。


2020080203.jpg

写真家の方やツーリングに来ていた方々と
会話をしつつ、コーヒーを飲み、ゆっくり出発します。


2020080204.jpg

逆に涼しくていいんじゃね、と納得しましょう。


2020080205.jpg

ダムは水がたっぷりで、着いた頃には迫力の放水が始まってました。


2020080206.jpg

コロナ期間なのでちょっと心配でしたが
平常時と変わらず、時間の制限などなく入れます。


2020080207.jpg

最近、奥多摩の水のきれいさを実感します。


2020080208.jpg

もう少しだけ、ガスとれないかな~。


2020080209.jpg

来るまで迷っていたんです。
ここ御前山にするか、向こう岸に渡りヌカザス尾根で三頭山にするか。
でもこのガスガスじゃ滑り落ちそうなヌカザス尾根で
やつ(クマ)に出くわしたらやばいので、こちらを選択しました。


2020080210.jpg

下は変わらず、高度感たっぷりの放水風景。


2020080211.jpg

残念ながら、情報が新しい。


2020080212.jpg

先行者が一人上がって行きました。


2020080213.jpg

行くぜ。


2020080214.jpg

豪快な倒れっぷり。


2020080215.jpg

明るくなってきました。


2020080216.jpg

高湿度が続いていたせいか、
早まって群生したキノコが沢山ありました。


2020080217.jpg

植林と広葉樹の間の急登を登って行きます。
三大急登の一つ、有名な大ブナ尾根です。


2020080218.jpg

休憩ポイント、見えてきました。


2020080219.jpg

サス沢山 940m。


2020080220.jpg

大菩薩、飛竜方面。未だ真っ白。


2020080221.jpg

ここは奥多摩湖一望の展望ポイントです。
下山時には晴れていることでしょう。


2020080222.jpg

ハァハァ辛くなって来ると、
朝感じた不気味さは皆無になります。


2020080223.jpg

岩々でいい感じの路。


2020080224.jpg

傾斜が緩むと気持ちの良い空気間に包まれます。


2020080225.jpg

合流地点です。


2020080226.jpg

携帯(情報によるとドコモ)の電波状況まで記された案内図。
コースタイムも細かく載っているので、今度プリントしておこう。


2020080227.jpg

惣岳山。


2020080228.jpg

休憩ポイントなれど、誰もおらず。


2020080229.jpg

合流ポイント。


2020080230.jpg

丁寧に仕切られているので、
この両側がカタクリなのかな?


2020080231.jpg

カタクリ好きには申し訳ありませんが、
個人的には全くそそられない花です。


2020080232.jpg

あと 0.3。


2020080233.jpg

山頂到着。


2020080234.jpg

先行者は前に行った2人のみ。


2020080235.jpg

虫があまりにも凄いので、
記念撮影とお茶のみでそそくさと退散。


2020080236.jpg

惣岳山でランチとしよう。


2020080237.jpg

朝食べても、
まだ食べ飽きない大好きなセブンの白いパッケージのおにぎり。

スイーツを開封した途端に、
スズメバチが襲来し目が合ってしまったので
頬張りながら急いでその場を撤退。
やはり非現実的な熊より、毎度出くわすスズメバチが最も怖いです。


2020080238.jpg

夏の陽気になってきました。


2020080239.jpg

アート作品的な苔のオブジェ。


2020080240.jpg

下山時のサス沢山にて。
よく言う”箱庭のような景色”見えました。


2020080241.jpg

バスの到着時刻も過ぎ、どんどん人が上がってきます。
奥多摩三山ですからね。


2020080242.jpg

登山道終了。


2020080243.jpg

夏の太陽がギンギンに照り付けています。
天気は良くなりましたが、この時期のこの時刻に登山するのは地獄でしょう。


2020080244.jpg

行楽地的な湖畔の雰囲気。


2020080245.jpg

高原の夏休み的な夏日。


2020080246.jpg

かつて使われていたドラム缶浮き橋とコンクリートバスケット。


2020080247.jpg

豊富に貯えたのでしょう、まだまだ放水中。


2020080248.jpg

年々高いとこが苦手になってきてます。


2020080249.jpg

奥多摩湖畔は幾度も来てますが、紅葉の時並の人出。


2020080250.jpg

真面目に県またぎを避けた人々で、奥多摩全体が賑わってました。


2020080251.jpg

クルマに戻ると、立ち眩み、軽い熱中症症状を感じたので
エアコン全開にして、クーラーボックスに沢山仕込んできた
激冷の飲料やデザートを摂取し帰路に着きました。


2020080252.jpg

2020080253.jpg

2020080254.jpg

2020080255.jpg

2020080256.jpg

奥多摩なはずが隅田川

今日は 大岳山~御岳山 を歩く予定だったんです。

一番電車に乗るため起床。
出掛ける準備が整い、玄関を出る、まさにその時、
豪雨。

昨日と予報が違ってるじゃない。
強行して朝の1~2時間、小雨の中を我慢して歩けば晴れる感じ。

でも、こんな暑さの中、びしょびしょになって風呂も入れずに電車に乗る、
ってのはいくら何でもマナー違反ですね。

スッカリ萎えました。

仕方ないです。
夕方から修行です・・・


2020072601.jpg

なんじゃ、この青空は。


2020072602.jpg

描いたような夏雲が素敵。


2020072603.jpg

青が恨めしいほど濃い。


2020072604.jpg

何年ぶりだろうか、白髭公園。
テニススクールに通っていた頃、
同じクラスで知り合った皆さんが呼んでくれてよくテニスしたっけね。


2020072605.jpg

8キロ、ノロノロゆっくり汗を流しました。


2020072606.jpg

帰宅すると
今日背負って出かける予定だった
ザックが寂し気に置かれておりました。

軽量ハンマ入手

縁のない方にちょっと説明しますと
ドリル本体には大きく分けて3種類あります。

回転ドリル
・・・シンプルに軸を回転させて穴あけをおこなうドリル
振動ドリル
・・・回転ドリルに垂直方向の振動を加えてコンクリートやブロックなどにも穴あけができるドリル
ハンマードリル
・・・さらに強力に垂直方向に打撃を加えて、コンクリートにスピーディーに大口径の穴もあけられるドリル

ハンマードリルというのは、とても重いので、それなりの作業の際に使う、
一般的なドリルとは別モノだと思ってたんです。

最近、仲間の仕事で軽量のハンマードリルを終日使ってみて
これは便利だと思い、購入しました。


2020072301.jpg

↑ ケースに入った状態では重量的に雲泥の差があります。
   プロ用の振動ドリルとはそう変わらない重さです。


もう振動ドリルを使う機会がなくなるかもしれません。



2020072302.jpg

↑ 下が長いこと所有しているはつりもできるハンマードリル。
   上が今回入手した軽量ハンマードリル。
   もちろん今までの大きなハンマードリルでないとダメな場面はあるのですが、
   軽量ハンマーは振動ドリルの役目もしっかり踏襲し、
   振動ドリルよりはるかに頼りがいのある一品です。

充電式であればさらに理想的なのですが、
とても高額で、日常的に使う工事屋でもないので
コード式で十分に効率アップがはかれます。

| NEXT>>