FC2ブログ

富士山 吉田口(馬返し~4合)

2020031500.jpg




コロナ、コロナで生活も気分もとっても窮屈。
人ごみを避けて、
ストレス解消には自家用車ですいている山に行くに限ります。

昨日バンバン雪が降って、中央道河口湖線は冬タイヤ規制が出ました。
歩く以前に、車が入れるかわかりませんが、男二人、ダメなら何とか引き返せるでしょう、
と吉田口馬返しを目指して決行。

同行いただいた先輩は神経痛から復活し、初の山行なので
リハビリがてら無理なきようゆっくり行きます。

もちろん私も本格的な冬山などはやりません。


2020031501.jpg

河口湖駅前。
早朝なので一部ブラックアイスで凍っています。


2020031502.jpg

スバルラインへ向かう道中。
完全に冬道です。


2020031503.jpg

中の茶屋手前。
他に車なく、霧氷と新雪に朝陽が射して、すごくキレイ。


2020031504.jpg

中の茶屋を通過。
明るい雪道をゆっくり走るのは好きです。


2020031505.jpg

クルマも少しラッセル気味になってきました。
他に往来ないので、急ブレーキなど踏んでみて滑り具合をテスト。
大丈夫、ググッとABSがきいて問題なしです。


2020031506.jpg

心配していたすれ違いなく、馬返しに到着。
駐車スペースは全面20~30センチの降雪のため、前後左右踏み慣らし。
駐車していたのはランクルが一台。


2020031507.jpg

雪深く、歩きにくさも予想されるので、
安全第一で10時に折り返し下山としてスタート。


2020031508.jpg

2020031509.jpg

2020031510.jpg

2020031511.jpg

2020031512.jpg

降雪の後のフワフワの新雪。
そして微風で青空。
こんなコンディションは二度とありませんな。


2020031513.jpg

青空と霧氷。


2020031514.jpg

2020031515.jpg

2020031516.jpg

2020031517.jpg

2020031518.jpg

上越方面のスキー場では味わえないであろう吹けば飛ぶような新雪。
踏み跡ないとこで思わずダイブしちゃいました。
それでも濡れません。


2020031519.jpg

2020031520.jpg

2020031521.jpg

三合目を越えると、膝上高さの雪。


2020031522.jpg

倒木。


2020031523.jpg

そして取り決めの3時間。標高約1900m地点。
傾斜が増し、チェーンスパイクは新雪で高下駄状態。
もちろんワカンやスノーシューなど持っていないので、
4合手前ですが折り返しましょう。


2020031524.jpg

3合目まで戻り、ランチタイム。
毎度ですが、地上では不味いカップ麺の美味なこと。


2020031525.jpg

無事下山。


2020031526.jpg

最高の雪景色を堪能できました。


2020031527.jpg

またね~


15時には帰宅。
洗車して風呂入って近くで飲み。

良き1日でした。



2020031528.jpg

思い出の古いノースのジャケット、
防水が危ういので、最近ほとんど着ておりませんでしたが
今日使ったところ、両袖口のテープ部分の樹脂パーツがポロリ。
思えば山初期の頃、
赤岳に連れてってもらう際に購入したものなので10年になってました。
ありがとう、さようなら。



2020031529.jpg

2020031530.jpg

2020031531.jpg

2020031532.jpg

2020031533.jpg
スポンサーサイト



富良野 de スキー

毎年恒例、一泊での強行遠征。
世間一般、土日休みなら二泊できるとこですが・・・
もったいなさそうですが、かっちり二泊分、滑りましょう。


2020022301.jpg

2020022302.jpg

2020022303.jpg

2020022304.jpg

あー、新雪、深雪、
もっと滑りたかったです。

大迷惑なコロナの影響で、手放しで楽しめたとはいえませんでしたが
やはり富良野は大好きです。


2020022306.jpg

ホテルスタッフの皆さん、マスク姿でお見送り。

コロナ対策でとっても気を遣っているのが
随所で垣間見られました。

ありがとうございました。

三頭山・冬

2020020900.jpg




暖冬の候、
冬ならではの三頭山をゆるめに歩いてきました。

都民の森内で周遊する、展望良く標高差の少ないルートです。


2020020901.jpg

冬時期は時程に注意が必要です。

奥多摩周遊道路でアクセスするには9時以降でないと走れません。
都民の森駐車場は8時に開門。
上野原側からアクセスすることが必須となります。


2020020902.jpg

ホントはもっと早く歩き出したくはありますが、
駐車場に一番乗りしてもこの時間がスタートとなります。


2020020903.jpg

予報ではマイナス2桁の気温で、午前中は強風なのもあり、
登山には適さない、とのことでしたが、なんのその。
青空が眩しく爽快でした。


2020020904.jpg

森林館~鞘口峠を経由し、両山頂を目指します。


2020020905.jpg

鞘口峠 1142m。
右の里山の路方面はまだ行ったことがありません。


2020020906.jpg

御前山への縦走路は右。
いつか行ってみたいと思います。


2020020907.jpg

チェーンスパイクを装着。


2020020908.jpg

この位の雪でも下りは結構滑ります。
急ぐ行程ではないので、歩行中は脱着を幾度も繰り返しました。


2020020909.jpg

東峰到着。


2020020910.jpg

空いていてゆったり。


2020020911.jpg

こちらからは関東平野が望めます。
江の島、スカイツリー、房総半島まで一望できるのは冬ならではですね。


2020020912.jpg

そして山頂(西峰) 。


2020020913.jpg

三頭山は本日のような都民の森からですと、楽に登れてしまうため、
シーズンには人だらけでいつもごったがえしています。


2020020914.jpg

富士山眺めながらのランチ。
たまらん時間です。


2020020915.jpg

こんなに空いていてゆったりできるのは
滑り止めが必須な冬ならではの光景です。


2020020916.jpg

東京都特有の立派な山頂標の背景には石尾根。


2020020917.jpg

雲取山アップ。
雪少ないですね。


2020020918.jpg

鷹ノ巣山アップ。
未だ日原側からアクセスができないため、空いているとのことです。


2020020919.jpg

曲がりくねったブナの樹。
何となく記憶にあります。


2020020920.jpg

青空の下、光に照らされた静かな雪道歩きはとっても爽快です。
ざっと登山者8割強の滑り止めはチェーンスパイクでした。

私は本格的な雪山はやりませんので、
軽アイゼンを新調はしましたが、チェーンのみで今後も冬はまかなえそうです。


2020020921.jpg

光が射して、凍った沢の姿がとっても魅力的です。


2020020922.jpg

自然の造形、素晴らしい。


2020020923.jpg

しばし見とれながらゆっくり下って行きます。


2020020924.jpg

三頭大滝。


2020020925.jpg

惜しい、もう少しで全面凍結でしたね。


2020020926.jpg

楽々で日頃のストレスも吹っ飛ぶ
快適な山歩きでした。



2020020927.jpg

2020020928.jpg

2020020929.jpg

2020020930.jpg

2020020931.jpg

妙高スキー

前から行ってみたかった妙高杉の原を滑ってきました。

距離的にも日帰りギリギリ圏内といったところです。
8時から営業開始とのことでしたので、入谷を3時30分に発車。


2020020202.jpg

6:50 上信越道、妙高SAより朝焼けの妙高山。
さすがの名山、存在感ありますね。


2020020203.jpg

7:10 スキー場駐車場に到着。


2020020204.jpg

朝一ゴンドラ。
白い雪と深い青空、テンション上がりますね。


2020020205.jpg

ヘルメットカメラおじさん、行きますよ~


2020020206.jpg

雪質グー。


2020020207.jpg

斜面広くロングで、いいスキー場でした。

また来たいです。

ヘルメットに装着したカメラはダメでした。
リフトのフードが閉じる度にガツンとあたり、
一度時は落下してしまいました。
画質自体はとても満足できるものなので
付ける位置を考えて再挑戦し、改めてレポートいたします。

よくあるお問合せ

この時期に毎年あるお問合せ。

「エアコンの暖房が途中で暖かい風が出なくなるんだけど、これって故障?」
確かに寒い思いをし、暖房使用時は
度々おこる事象なので不安になるのもごもっとも。

数分から十数分で復帰するようであれば故障ではなく、
霜取運転によるものですのでご安心ください。

難しい構造的な説明は抜きにして、暖房運転している際には、
室内機とは逆に室外機から冷風が出ており、
空気中の水蒸気が凍り付いて霜がつきます。
すると正常な運転ができなくなるため、室外機内部を温め、霜を融かす
霜取運転がおこなわれるわけです。


2020012901.jpg

最近のエアコンは、霜取で温風が停止し、
下がる室温を先回りして停止前にその分の室温を上げるなどの
ちょっとした気配り機能があったりします。
ローエンド機種から採用されているメーカーもありますので
カタログなど参照してみると良いかと思います。

それでも寒がりで我慢できない方は都市部であっても
寒冷地仕様のエアコンを取り付けてしまうのも一手だと思います。

外気温がマイナス2ケタでも高温風で吹き出し、霜取運転も数分。
暖房性能重視ならおすすめです。

| NEXT>>